なぜ運動しなくなるのか

あなたは不思議に思ったことはありませんか?

個人差はあるものの、子供の頃は誰しも動きます。じっとさせとく方が難しいくらい子供はよく動きます。

赤ちゃんや子供が盛んに身体を動かすのは、身体能力を高める(本能的な)訓練と言う側面があります。

寝ているだけだったのが寝返りをうち、ハイハイをし、やがて立って歩けるようになる。

そこに至るまで、様々な身体の機能を獲得していく必要があります。だからこそ、赤ちゃんや子供はよく動くんだと思います。

ではなぜ身体機能を獲得しなければいけないのか。走り、飛び、登り・・・あらゆる身体の機能を使って獲物を獲る・外敵から身を守る。つまり”生きていくため”なんだと思います。

しかし、多くの現代人は道端を歩いていて突然猛獣に襲われることはないでしょう。獲物を捕らえるより、スーパーやコンビニに行くでしょう。

せっかく獲得した身体能力は、発揮する場を失っているんではないでしょうか?

必要がないから使わない。

実は大人が運動をしない理由とは、こんな理由なのではないかと思うんです。

現代人が生きていくためには、身体能力より知能が必要。だから、身体を動かす必要性が下がっていくんだと思います。

日本人のフィットネス参加率は依然として3%前後といわれています。

その理由を探ろうと様々な調査がなされているのですが、結局3%は3%のままです。

ネットで日本人のスポーツ実施率は低下している、なんて記事を目にしました。(日本の「健康ブーム」が、実は本物でない理由 東洋経済ONLINEより)

この記事の中で「運動をしない理由」のアンケート結果が出ています。不動の1位は「仕事・家事で忙しい」だそうです。実はこの理由、フィットネスクラブの退会理由でも上位です。

記事の中では、働き方を変えて生活に余裕ができれば人は運動するようになるのではないか?街づくりから変える必要がある、と結論付けられています。

果たしてそうでしょうか?

そもそも、人々が運動しない理由は本当に「仕事・家事が忙しい」なのでしょうか?

私はここに間違いがあると思います。こうした視点から運動を広めようとするから失敗しているのではないか?と思っています。(別に私が思ったところで何も変わりませんが・・・笑)

現代人が運動しないのは、運動しなくても生きられるようになったから。

ほとんどの日本人にとって、運動は”非日常”です。特定のスポーツを楽しむ・フィットネスクラブに通うというのは、趣味の世界。要するに「好きな人だけがやるもの」なんです。

運動・フィットネスの定義から見直し、毎日の生活の中で自然と運動するような仕組みが出来ないと、人間は運動するようにならないでしょう。

とはいえ、これは難しい問題ですね。

仕組み

右も左も分からず『お店を作ろう』そう思った私の手元にあったのは”カフェを開く人の本”でした。その当時はカフェに行くことすらなかったので、なぜカフェを開く人の本を持っていたのかはいまだに謎ですが(笑)

いわゆるハウツー本です。立地を決めましょう、メニューを決めましょう、お金を準備しましょう・・・など簡単に説明してある程度の内容でした。

そこに載っている、実際にカフェを開いた人達を見て『いいなぁ~俺もいつかこんなお店を・・・』と思っていました。

お店を作ろうと思ったら、あなたならどんなことを考えますか?

お店の名前?

どの辺りに?

こんな内装で?

こんなメニューで?

値段はこのくらいで?

こんな感じでしょうか。実際に私がこんな感じで考えていました。

前にお話した通り、開店当初は『パーソナルトレーニングなんて、まだまだこんな小さいお店では売れない』そう思っていたので、ストレッチ(リラクゼーションマッサージ)とヨガなどのレッスンが中心のお店にしようと思っていました。そこからパーソナルトレーニングもちょっとずつ、と。

結論からいうと失敗しました。

オープン当初、手作りの看板に<オープン記念 ヨガレッスン無料体験>なんてやっていましたから、すっかり”ヨガの店”と認知されてしまったんです。

実際にお店の中はというと、何もない空間だけがある状態。

ストレッチのお客様はほとんど来ませんでした。

看板に何が書いてあるのか

お店の中は何が(設備)あるのか

道行く人はそこをチェックして、”ああ、あのお店は〇〇屋さんなのね。”と認知するんだと思い知らされました。

それならばヨガとピラティスのレッスンを中心にしようと、レッスンの本数もインストラクターさんも増やしていきました。少しずつお客様は増えていきました。が・・・

結論からいうと失敗しました。(また・・・)

あとで分かったことですが、お店を作る時にまず考えなければいけない重要な事を私は考えていなかったんです。

最初のお店は40㎡ほどの小さいお店でした。レッスンの定員は6名に設定していました。そのくらいがストレスなく動ける限界の人数でした。

絶対とはいいませんが、この時点でグループレッスンを主体にお店をやったらうまくいかない事が私には見えていなかったんです。

なぜうまくいかないのでしょう?

例えばフィットネスクラブだと、月10000円前後でレッスンは受け放題です。ヨガスタジオなどだと、もう少し高いケースもあります。レッスンの本数も1日に6~9本くらいはあるでしょうか。スタジオは30~40人くらいは収容できます。

広い面積がある(収容人数が多い)から、多くのインストラクターさんを抱えて月10000円前後で運営することが出来るんです。お客様の数×単価が売上の基本ですから。

スタジオが小さいという時点で、価格を高めに設定しなければいけなくなるんです。

しかし、そう簡単にはいきません。特にヨガは。

提供しているところ(人)も多く、公民館などでは500円なんて価格設定で教えている人もあります。

高い給料をお支払いして人気のインストラクターさんを入れることも出来ませんから、レッスン単価を高く設定することも出来ませんでした。

スタジオは、豊富なインストラクター・豊富なレッスン(種類・本数)があることで魅力・競争力が生まれます。

そのためには、人的な初期投資(良質なインストラクターさんの確保)をするか、設備投資(広いスタジオ)をする必要があったんです。

私は・・・

レッスンスタジオという商売の仕組みを知らなかったんです

お店の雰囲気やメニュー、価格そういったもの以前に

<商売の仕組み> つまり <儲けの仕組み>

を考えなければいけなかったんです・・・

いつも笑顔だから

トレーナーになる以前・・・会員として通っていたフィットネスクラブで、スタッフさんと会員さんの間で恋愛関係の揉め事があったのを目にしました。

フィットネスクラブで働く友人に『やっぱりそういうこと多いの?』と聞くと

『多いみたいだよ。でも、私は考えられない。ちょっと言い方悪いかもしれないけど、お客様は私たちにとって商品だから。』

プロだな、と思いました。

フィットネスクラブで働くようになった時には、その友人の言葉を思い出しました。

『若い女の子にばっかり優しい。』

そんな風に言われないように、男性会員さんや年配の会員さんとのコミュニケーションの割合を多くするように心がけていました。

しかし、私がフィットネス業界に入った時はすでに30歳を過ぎていました。まわりのスタッフは20代。ベテラン感漂う新人・・・

見た目がかっこいいわけでもなく、おしゃべりも上手くない。レッスンも担当していませんでしたので、若い女性会員さんと・・・余計な心配でした(笑)

ところがトレーナーに成り立てのある日・・・自分のクライアントさんから告白を受けてしまいました。

複雑でした。素直に男性としては嬉しい。けど・・・

『トレーナーとして選んでもらえたんじゃなかったのか・・・』

自分の姿勢に隙や甘さがあったのか。何よりトレーナーとして選んでもらえたんじゃなかったのかな・・・と。

でも、その方は続けてこう告げてくれました。

『でも男性としてというよりは、同じ接客業に携わる人間としての好意です。いつも笑顔。いつでも笑顔で迎えてくれる。そのことが実はどのくらい大変か・・・私も同じ接客業だから。』

販売員時代は作業に追われ、笑顔をなくして仕事をしてしまうこともありました。でもフィットネスクラブに入り、ある先輩トレーナーが毎日100%の笑顔でお客様に話してらっしゃるのを見て・・・

『凄い!俺も真似してみよう!』

次の日から実践・・・想像以上に大変でした。同じ仕事なのに一日が終わるといつもの倍は疲れました。

それでも毎日毎日・・・

倍だった疲れは徐々に少なくなりました。そしていつしかそれが普通になりました。

『いつも笑顔だから。』

本当に嬉しい言葉でした。

いつかきっと

『20歳までは親の責任だから育てる。あとはお前の人生なんだから好きに生きろ。』

父がよく私に言っていました。
両親や兄弟のため、幼い頃から働いていた父は、私に同じ思いをさせたくなかったそうです。

私が世界中で最も話すのが苦手な相手、父。
しかし最近、ある事をきっかけにずいぶんたくさん父と話しました。

父も母も、私が覚えていないような私が幼い頃の事まで記憶していました。当たり前の話なのでしょうが、私が生まれる事、成長していく事、それを喜んでくれていました。

親孝行らしい事は何一つ出来ず、父と母の誕生日すら覚えていない。なんとダメな息子。

今、自分がなんとか商売で身を立てようともがく理由は二つ。

もう就職も出来ない、国になどもちろん頼れない。最期まで『自分の力で稼ぐしかない』そう思うから。

そして、、、

色々あり、父とはわだかまりもあった。しかし、70歳近い父がいまだに働いているのを見る度、申し訳ない気持ちでいた。

父は『働いていないと落ち着かない』と。そうは言っても少しは楽させたい。

『いつか両親に仕送りを。いずれ両親・弟の面倒を見れるくらいに商売を大きくしたい。』

そんな思いがあった。

いつかは、、、いつかは、、、

そう思っているうちはなかなか実現出来ない。

私がグズグズしているうちに、父が仕事を辞めざるを得ない状況になった。ようやく契約更新が決まったばかりだった。無論、常勤などではないので大きい額にはならない。

それでも、その収入があると少しは生活が楽。悩む父に、、、

『辞めていいよ。その分くらい俺がなんとかするから。』

すまない、すまない、と繰り返す父と母。

私は心の中で、今日の今日まで甘えていた自分を恥じた。そして、ようやく両親に少し、ほんの少し恩返しが出来る事が嬉しかった。

『お前の人生なんだから好きに生きろ。』

父の願い、思い。

私が自分のやりたい事を続ける事。好きに生きる事。

それもまた、親孝行なのかもしれない・・・

 

汚れ|ジム・スタジオが出来るまで⑦

今でもこの一番初めのスタジオの頃から通ってくださっているお客様があります。

『最初のスタジオが一番良かった!』といまだに言われたりします。嬉しいやら申し訳ないやら・・・笑

オープンしたばかりの頃は本当にお客様が少なく、来る日も来る日もただひたすら時間だけがあるような日々でした。

それが少しずつ、ほんの少しずつ、お客様がいらしてくださるようになりました。

初めのころは『パーソナルトレーニングなんてまだまだその辺で売ってても買ってもらえないだろう。』そう思い、ヨガやピラティスのレッスンを中心にしていました。

レッスンが終わるとフロアを掃除します。物もたいして置いていない小さいスタジオですから、毎回全体を隅々まで。

まだお客様が少ない頃でしたから、掃除を終えたフロアモップはたいして汚れていませんでした。

大きなフィットネスクラブなら、一度に何十人・何百人もの人が利用しています。一日にすると1000人近くの人が出入りしたりします。当然、汚れます。ある程度の汚れは致し方ないところもあるでしょう。

『小さいスタジオなんだから、掃除も簡単。それならお客様のために、なるべくきれいにしよう。』

そう思い、毎日毎日・・・鏡はいつでも曇り一つないくらいに磨き上げていました。

徐々にお客様も増え、あるイベントレッスンの時でした。

今までで一番大勢の方がレッスンにいらしてくださいました。いつものレッスンより動きも激しい内容。

イベントを終え、いつものように掃除をしました。フロアモップにはいつもの倍くらいのホコリが。

『あぁ・・・よかった。』

なぜか自然とそんな気持ちがわいてきました。

いつも掃除を終えてフロアモップを眺めるたび・・・

『汚れてないなぁ・・・仕方ないよね、お客さんまだ少ないし。』

少し寂しく思っていたんです。それが、今日はこんなにホコリが。

『成長したなぁ・・・』

我が子の成長を見る親のような気持ちでした。ああ、たくさんの人に来てもらえたんだ。ちょっと成長したんだなぁ・・・と。

汚れているということを、こんなに良い意味に感じたのは初めてでした。

『汚れてくれてありがとう。汚してくれてありがとう。』

自然と湧き出た自分のそんな思いが、自分でも少し奇妙に感じました。