自分のやり方③

レッスンプロとトレーナーの連携が取れていない。これは大きなマイナスと思い、自分はもちろん他のトレーナー達のためにも何とか橋渡し役になろうと考えたんです。

所属クラブでは空き時間にトレーニングをしていました。

お客様と同じ目線に立ち・同じ空間でトレーニングをする

それが私の営業方法の一つになっていました。同じようにゴルフのレッスンを受けてみよう、そう思ったんです。

私は自費でゴルフのレッスンを受けることにしました。

『うわっ!すげえ!』

私の姿を見て、レッスンプロの方が驚いて思わずそうおっしゃいました。私は、わざわざボディラインがはっきり出るようなウェア(アンダーアーマーのような)でレッスンを受けることにしました。

『みんな見てみろ!やっとトレーナーらしいのが来たよ!』

やっと・・・?不思議に思う私にレッスンプロの方がこう続けました。

『あいつら(研修を担当しているトレーナー)腕立て伏せも出来なかったんだぜ。ようやくトレーナーらしいのが来たよ!』

なるほど・・・と思いました。レッスンプロからトレーナーが信頼されていない。これでは、連携ができていなくても致し方ない、と。

何回目かのレッスンを受けている時、別の打席に入ったお客様がレッスンプロに話していました。

『すごいね、あの人。』

いつも通りぴったりとしたウェアでクラブを振る私を見て、驚いたお客様が思わずそうおっしゃいました。すると・・・

『彼はうちのトレーナーなんです!』

今思い出しても嬉しい瞬間でした。誇らしげにレッスンプロの方が私をそう紹介してくださったんです。

『いや、まだ研修中なので。デビューしたらよろしくお願いします。』

そう頭を下げ、研修に向かいました。

自分のやり方はここでも通用する。

そう思えた瞬間でした。少し前進した、と。

しかしこの後、トレーナー会社のほうからNGが出てしまいました。研修も受けずに勝手なことをするな、と。

『研修の前後、あるいは研修のため時間を作ったけど研修担当のほうからNGが出た日のみレッスンを受けている。』

そう説明しましたが、とりあえず勝手な真似するなの一点張りでした。

実はそれ以前に、当初練習場の横に予定されていたセッションルームが、同じ建物のマンション部分に移動になっていました。セキュリティがしっかりしたマンションです、簡単に入ってこれる場所ではない。これでは売り上げを上げることは難しいだろうと感じました。

自分のやり方、それが他の地でも通用する可能性を感じることが出来たので、そこでの活動は終えることにしました。(数年後、内部のトラブルでインドアスクール自体が閉鎖しましたので、撤退して正解でしたが・・・)

相手の目線に立ち、相手の気持ちを想像すること

信頼を得られるように自分を磨くこと

どの場所でも変わらないことだと感じました。

 

自分のやり方②

所属している店舗以外で活動しようと向かったのは、お洒落な街にあるお洒落なインドアゴルフ練習場でした。

研修を担当しているトレーナーさん達はすでに活動していましたが、もう一つセッション件数が伸びてないのかなぁ?と感じていました。オープンまもなくでしたから当然といえば当然なのですが。

『今日トレーナーさん誰がいらっしゃいますか?』

『え?!さあ?わからないなぁ・・・』

レッスンプロの方とこんなやり取りをした私は、パーソナルトレーニングの売上がもう一つなのはここかな?と感じ、あることを決めました。

研修に向かったある日、私は練習場のスタッフさんに尋ねました。

『私がゴルフレッスンに(お客さんとして)入会しても構わないですか?』

レッスンプロの方。つまり練習場の方と連携が取れていないのではないか?と思ったんです。フィットネスクラブでいえば、スタッフさんやクラブ全体と連携が取れていないということです。

それならば会員としてレッスンを受ければ、レッスンプロの方ともお客様とも仲良くなれるのでは?そう考えたんです。

失礼がないように!と釘を刺されていましたから、練習場のスタッフさんから許可がいただければ通おうと思っていました。

『もちろん、ぜんぜん”アリ”ですよ!』

快く承諾してくださり、私はレッスンに通うようになりました。もちろん、研修の前後、あるいは研修用に時間を用意したけど研修担当者の都合でNGだった日のみレッスンを受けていました。

所属クラブでは空き時間にトレーニングをしていました。

もともとトレーニングが好きなのもありますが、トレーナーのシャツを着ているときより、プライベートの時の方がお客さんも質問しやすかったり、私のトレーニングの様子を見てお申し込みをしてくださる方もありました。

お客様と同じ目線に立ち・同じ空間でトレーニングをする

それが私の営業方法の一つになっていました。自費でゴルフレッスンに通う事を決めたのもそのためでした。

レッスンプロとトレーナーの連携が取れていない。これは大きなマイナスと思い、自分はもちろん他のトレーナー達のためにも何とか橋渡し役になろうと考えたんです。

するとある日・・・

自分のやり方①

ゴルフ用品の販売をしていたこともあり、ゴルファーの方のトレーニングを見ようと思っていた時期がありました。(もちろん、今でもありますが)練習場に同行してみたり、動画分析ソフトを使ったり、色々試していました。

ある時、インドア練習場内のトレーナー業務という求人を見つけて応募しました。場所は港区。外国の方も多い街。

慣れない街、慣れないお洒落な雰囲気の練習場でした。

練習場からトレーナー会社が業務を委託され、そのトレーナー会社と私のようなフリーランスのトレーナーが契約する、という形態でした。

すでにトレーナーとしての経験はありましたが、ストレッチなどの手技のやり方をある程度揃えるということで、研修を受けることになりました。

『練習場の方から委託を受けているので、失礼のないように!』

トレーナー会社のリーダーからそう告げられ、やや緊張しながら研修に向かっていました。

半月ほど経った頃でした。私のほかに研修を受けているトレーナーが何人かいましたが、みな同じフリーで活動しているトレーナー。研修を担当している方もフリーのトレーナー。なかなか日程が合わず、研修の進捗が芳しくないとトレーナー会社の方から連絡がありました。

『研修担当のトレーナーも真剣に伝えるから、みんなも真剣に来て欲しい。』

私もすでに所属店舗でお客様を抱えていたので、なかなか研修日程があわせにくくなっていました。なんとか調整して研修に向かっていました。

私はフリーランスのトレーナーとしては珍しい、一店舗でしか活動していないトレーナーでした。初めて所属クラブ外で活動しようとしたのいは訳がありました。

当時の私は、営業しない・売込みをしないトレーナー活動をしていました。

自分のやり方が別の場所でも通用するのか

それを知りたかったんです。

すでに、契約元のトレーナーさん達は営業をしていました。オープン直後ということも合ったのでしょうが、あまり(パーソナルトレーニングの)お客様を獲得できているように見えませんでした。

研修に向かったある日、レッスンプロの方にお聞きしました。

『今日トレーナーさん誰がいらっしゃいますか?』

と。

『え?!さあ?わからないなぁ・・・』

ああ、なるほど。ここかな?

・・・私はあることを決めました。

 

なぜ運動しなくなるのか

あなたは不思議に思ったことはありませんか?

個人差はあるものの、子供の頃は誰しも動きます。じっとさせとく方が難しいくらい子供はよく動きます。

赤ちゃんや子供が盛んに身体を動かすのは、身体能力を高める(本能的な)訓練と言う側面があります。

寝ているだけだったのが寝返りをうち、ハイハイをし、やがて立って歩けるようになる。

そこに至るまで、様々な身体の機能を獲得していく必要があります。だからこそ、赤ちゃんや子供はよく動くんだと思います。

ではなぜ身体機能を獲得しなければいけないのか。走り、飛び、登り・・・あらゆる身体の機能を使って獲物を獲る・外敵から身を守る。つまり”生きていくため”なんだと思います。

しかし、多くの現代人は道端を歩いていて突然猛獣に襲われることはないでしょう。獲物を捕らえるより、スーパーやコンビニに行くでしょう。

せっかく獲得した身体能力は、発揮する場を失っているんではないでしょうか?

必要がないから使わない。

実は大人が運動をしない理由とは、こんな理由なのではないかと思うんです。

現代人が生きていくためには、身体能力より知能が必要。だから、身体を動かす必要性が下がっていくんだと思います。

日本人のフィットネス参加率は依然として3%前後といわれています。

その理由を探ろうと様々な調査がなされているのですが、結局3%は3%のままです。

ネットで日本人のスポーツ実施率は低下している、なんて記事を目にしました。(日本の「健康ブーム」が、実は本物でない理由 東洋経済ONLINEより)

この記事の中で「運動をしない理由」のアンケート結果が出ています。不動の1位は「仕事・家事で忙しい」だそうです。実はこの理由、フィットネスクラブの退会理由でも上位です。

記事の中では、働き方を変えて生活に余裕ができれば人は運動するようになるのではないか?街づくりから変える必要がある、と結論付けられています。

果たしてそうでしょうか?

そもそも、人々が運動しない理由は本当に「仕事・家事が忙しい」なのでしょうか?

私はここに間違いがあると思います。こうした視点から運動を広めようとするから失敗しているのではないか?と思っています。(別に私が思ったところで何も変わりませんが・・・笑)

現代人が運動しないのは、運動しなくても生きられるようになったから。

ほとんどの日本人にとって、運動は”非日常”です。特定のスポーツを楽しむ・フィットネスクラブに通うというのは、趣味の世界。要するに「好きな人だけがやるもの」なんです。

運動・フィットネスの定義から見直し、毎日の生活の中で自然と運動するような仕組みが出来ないと、人間は運動するようにならないでしょう。

とはいえ、これは難しい問題ですね。

仕組み

右も左も分からず『お店を作ろう』そう思った私の手元にあったのは”カフェを開く人の本”でした。その当時はカフェに行くことすらなかったので、なぜカフェを開く人の本を持っていたのかはいまだに謎ですが(笑)

いわゆるハウツー本です。立地を決めましょう、メニューを決めましょう、お金を準備しましょう・・・など簡単に説明してある程度の内容でした。

そこに載っている、実際にカフェを開いた人達を見て『いいなぁ~俺もいつかこんなお店を・・・』と思っていました。

お店を作ろうと思ったら、あなたならどんなことを考えますか?

お店の名前?

どの辺りに?

こんな内装で?

こんなメニューで?

値段はこのくらいで?

こんな感じでしょうか。実際に私がこんな感じで考えていました。

前にお話した通り、開店当初は『パーソナルトレーニングなんて、まだまだこんな小さいお店では売れない』そう思っていたので、ストレッチ(リラクゼーションマッサージ)とヨガなどのレッスンが中心のお店にしようと思っていました。そこからパーソナルトレーニングもちょっとずつ、と。

結論からいうと失敗しました。

オープン当初、手作りの看板に<オープン記念 ヨガレッスン無料体験>なんてやっていましたから、すっかり”ヨガの店”と認知されてしまったんです。

実際にお店の中はというと、何もない空間だけがある状態。

ストレッチのお客様はほとんど来ませんでした。

看板に何が書いてあるのか

お店の中は何が(設備)あるのか

道行く人はそこをチェックして、”ああ、あのお店は〇〇屋さんなのね。”と認知するんだと思い知らされました。

それならばヨガとピラティスのレッスンを中心にしようと、レッスンの本数もインストラクターさんも増やしていきました。少しずつお客様は増えていきました。が・・・

結論からいうと失敗しました。(また・・・)

あとで分かったことですが、お店を作る時にまず考えなければいけない重要な事を私は考えていなかったんです。

最初のお店は40㎡ほどの小さいお店でした。レッスンの定員は6名に設定していました。そのくらいがストレスなく動ける限界の人数でした。

絶対とはいいませんが、この時点でグループレッスンを主体にお店をやったらうまくいかない事が私には見えていなかったんです。

なぜうまくいかないのでしょう?

例えばフィットネスクラブだと、月10000円前後でレッスンは受け放題です。ヨガスタジオなどだと、もう少し高いケースもあります。レッスンの本数も1日に6~9本くらいはあるでしょうか。スタジオは30~40人くらいは収容できます。

広い面積がある(収容人数が多い)から、多くのインストラクターさんを抱えて月10000円前後で運営することが出来るんです。お客様の数×単価が売上の基本ですから。

スタジオが小さいという時点で、価格を高めに設定しなければいけなくなるんです。

しかし、そう簡単にはいきません。特にヨガは。

提供しているところ(人)も多く、公民館などでは500円なんて価格設定で教えている人もあります。

高い給料をお支払いして人気のインストラクターさんを入れることも出来ませんから、レッスン単価を高く設定することも出来ませんでした。

スタジオは、豊富なインストラクター・豊富なレッスン(種類・本数)があることで魅力・競争力が生まれます。

そのためには、人的な初期投資(良質なインストラクターさんの確保)をするか、設備投資(広いスタジオ)をする必要があったんです。

私は・・・

レッスンスタジオという商売の仕組みを知らなかったんです

お店の雰囲気やメニュー、価格そういったもの以前に

<商売の仕組み> つまり <儲けの仕組み>

を考えなければいけなかったんです・・・