汚れ|ジム・スタジオが出来るまで⑦


今でもこの一番初めのスタジオの頃から通ってくださっているお客様があります。

『最初のスタジオが一番良かった!』といまだに言われたりします。嬉しいやら申し訳ないやら・・・笑

オープンしたばかりの頃は本当にお客様が少なく、来る日も来る日もただひたすら時間だけがあるような日々でした。

それが少しずつ、ほんの少しずつ、お客様がいらしてくださるようになりました。

初めのころは『パーソナルトレーニングなんてまだまだその辺で売ってても買ってもらえないだろう。』そう思い、ヨガやピラティスのレッスンを中心にしていました。

レッスンが終わるとフロアを掃除します。物もたいして置いていない小さいスタジオですから、毎回全体を隅々まで。

まだお客様が少ない頃でしたから、掃除を終えたフロアモップはたいして汚れていませんでした。

大きなフィットネスクラブなら、一度に何十人・何百人もの人が利用しています。一日にすると1000人近くの人が出入りしたりします。当然、汚れます。ある程度の汚れは致し方ないところもあるでしょう。

『小さいスタジオなんだから、掃除も簡単。それならお客様のために、なるべくきれいにしよう。』

そう思い、毎日毎日・・・鏡はいつでも曇り一つないくらいに磨き上げていました。

徐々にお客様も増え、あるイベントレッスンの時でした。

今までで一番大勢の方がレッスンにいらしてくださいました。いつものレッスンより動きも激しい内容。

イベントを終え、いつものように掃除をしました。フロアモップにはいつもの倍くらいのホコリが。

『あぁ・・・よかった。』

なぜか自然とそんな気持ちがわいてきました。

いつも掃除を終えてフロアモップを眺めるたび・・・

『汚れてないなぁ・・・仕方ないよね、お客さんまだ少ないし。』

少し寂しく思っていたんです。それが、今日はこんなにホコリが。

『成長したなぁ・・・』

我が子の成長を見る親のような気持ちでした。ああ、たくさんの人に来てもらえたんだ。ちょっと成長したんだなぁ・・・と。

汚れているということを、こんなに良い意味に感じたのは初めてでした。

『汚れてくれてありがとう。汚してくれてありがとう。』

自然と湧き出た自分のそんな思いが、自分でも少し奇妙に感じました。

コメントを残す