箱を持つということ③ 賭け


家や車は資産に計上されるものの、維持費や返済、税金といった出費が発生します。見方によっては負債です。持っていればお金が出ていきます。

お店を始めた場合はどうでしょう。当然のように初期投資もかかれば運営に関する費用もかかってきます。もちろん、その出費は家や車のローンとは比べ物にならないでしょう。(お店の大きさやスタッフ数などによって変わりますが。)

お店を始めて数ヶ月、それほど固定費もかからない商売でしたがそれでも赤字が続きました。ギリギリの予算で開業しましたから、毎月本当に銀行通帳を見るのが怖かった。

いつしか・・・赤字の額が減って、ようやくトントンというところまで。そしてついに黒字に。

少しずつ黒字の額が増えて、いつしかもとのフリーランス時代より収入が増えました。その時・・・

『これって、自分に賭けたってことだ。』

ふと思いました。お店を始める、小さくても事業を始める。これって自分に賭けたってことだと。

パチンコも競馬も、ギャンブルの類は一切やりません。宝くじだって買ったことがありません。臆病な性格ですから。にも関わらず、気付いたら(自分にとっては)大博打を打っていました。

お店を出す、それはコストがかかりリスクが増えると考える人は多いと思います。もちろん現実的にはそうでしょう。しかし・・・

家を買う、車を買う、ギャンブルにお金を使う。こうしたことに費やすお金は回収できません。(ギャンブル・宝くじは自分の力が及ばないところで結果が決定されますし、その仕組み上儲けが出る人はごくわずかです。)

では、お店を開く(事業を始める)のはどうでしょう。

現実には一年と持たないで閉店するお店も多いといわれます。でも、お金を回収できる(利益を産み出す)可能性はあります。そしてその可能性は、自分の頑張り・アイデア・工夫しだいで変わります。

リニューアルして店舗を拡大しました。一見必要がないくらい広い店舗になりました。

テナント料は倍近くなり、借入金も更に増えました。コストもリスクも高まりました。しかし・・・

ちょうどそのタイミングでお客様が一気に増えました。単にタイミングだったんだと思います。宣伝などはしていないので。でもその時思いました。

『お店にかかる費用はコストじゃない、投資だ。お店をよりよくしようとかける費用はコストじゃない。投資だ。』

当たり前と言えば当たり前です。設備投資ですから。でも、ついつい単純にコストと考えがちです。

でも、借入金も固定費もかなり増大しました。リスクはかなり高まったと言えます。けど・・・

『小さいままいたら、他の競合に負ける。』

どんな商売も競合がいます。協業なんて考え方もありますが、そうはいってもみな商売敵です。みんな自分の商売に必死ですから。情け容赦なんてしてくれません。どうしよう強い相手が出店してきたら。どうしよう・・・常に不安でした。でもある時・・・

『強い相手にビクビクしなくなるには、自分が強くなるしかない。』

リスクを恐れ立ち止まるほうが、よっぽどリスクが高まる気がしたんです。

私の判断が正しかったのか間違っていたのか。それは数年後にならないと分かりません。

けど、私は自分に賭けてみます。

コメントを残す