箱=お店を持つということ② 家を買う勇気


『パーソナルトレーニングジムを開きます!』

最近では、SNSでもそんな投稿を時折見かけます。そこには・・・

すごいね!

勇気あるね!

頑張って!

そんな賞賛のコメントが寄せられたりします。

自分は相当な臆病者なので、それこそ死ぬ思いでお店を始めました。(今でもですが・・・)何から手を付けていいのかさえわからなかったので、本当に勇気・覚悟が必要でした。

でも・・・一階路面店、とはいえ小さい店舗。トレーニングマシンもない状態からスタートでしたから初期投資は300万円~400万円くらいだったと思います。当時の私にとっては大金でした。(もちろん、今でも大金ですが)

でも、でもです。

『事業』と考えた場合、この金額はかなり小さい額です。

300~500万円っていうと、ちょっとした高級車のお値段くらいでしょうか?

仮に誰かがそんな車を購入した、とSNSなどで発信したら・・・

すごいね!

勇気あるね!

頑張って!

そんな反応が返ってくるでしょうか?(すごいね、はありそうですが。)

使っているお金は一緒です。お店を始めたか、車を買ったか。でも、反応・印象はずいぶん違うものになると思います。

お店を始めることは、多くの人にとって非日常。でも、車を買うことは日常の出来事。そうしたことが反応の違いに表れるのだと思います。

お店を始めて6年。移転したり拡大したりしました。ついでに借入金も増えたわけですが、時々冷静に考えると『こんなに借金あるけど大丈夫かな??』って不安になるんです。けど待てよ・・・

『俺の借りてる額じゃ、家も買えないんだよな。』

私の年代(40代)なら住宅ローン真っ只中という方も多いと思います。私は良く知らないのですが35年ローンとかですよね。

今の私にとっては、お店を始めるより家を購入するほうがはるかに勇気が必要に思えるんです。35年・・・途方もない長さです。そもそも明日生きている保証なんてどこにもないのに。

家も車も資産に計上されます。でも・・・

家や車はお金を生み出すでしょうか?

税金、管理費、修繕費、返済・・・etc

ではお店は・・・?

お店の場合、頑張ればお金を生み出します

もちろん、家や車と同じように返済も税金も支払わなければなりません。でも・・・

お店は、自分自身の頑張り・アイデア・工夫によってその形を変え、発展していけるものです。

商売はそんなに簡単じゃない。それは今日まで苦しんだ自分には痛いほどわかりますし、まだその苦しみの真っ只中です。1年後大丈夫かな?来月大丈夫かな?いつも戦々恐々としています。でも・・・

明日どうなっているかわからない。それは、自分のお店で商売をしても、大きな会社に勤めても同じ。そのリスクは同じ。変わらないんです。

では、お店を出す費用は単純にコストなのでしょうか?

コメントを残す