いつも笑顔だから

トレーナーになる以前・・・会員として通っていたフィットネスクラブで、スタッフさんと会員さんの間で恋愛関係の揉め事があったのを目にしました。

フィットネスクラブで働く友人に『やっぱりそういうこと多いの?』と聞くと

『多いみたいだよ。でも、私は考えられない。ちょっと言い方悪いかもしれないけど、お客様は私たちにとって商品だから。』

プロだな、と思いました。

フィットネスクラブで働くようになった時には、その友人の言葉を思い出しました。

『若い女の子にばっかり優しい。』

そんな風に言われないように、男性会員さんや年配の会員さんとのコミュニケーションの割合を多くするように心がけていました。

しかし、私がフィットネス業界に入った時はすでに30歳を過ぎていました。まわりのスタッフは20代。ベテラン感漂う新人・・・

見た目がかっこいいわけでもなく、おしゃべりも上手くない。レッスンも担当していませんでしたので、若い女性会員さんと・・・余計な心配でした(笑)

ところがトレーナーに成り立てのある日・・・自分のクライアントさんから告白を受けてしまいました。

複雑でした。素直に男性としては嬉しい。けど・・・

『トレーナーとして選んでもらえたんじゃなかったのか・・・』

自分の姿勢に隙や甘さがあったのか。何よりトレーナーとして選んでもらえたんじゃなかったのかな・・・と。

でも、その方は続けてこう告げてくれました。

『でも男性としてというよりは、同じ接客業に携わる人間としての好意です。いつも笑顔。いつでも笑顔で迎えてくれる。そのことが実はどのくらい大変か・・・私も同じ接客業だから。』

販売員時代は作業に追われ、笑顔をなくして仕事をしてしまうこともありました。でもフィットネスクラブに入り、ある先輩トレーナーが毎日100%の笑顔でお客様に話してらっしゃるのを見て・・・

『凄い!俺も真似してみよう!』

次の日から実践・・・想像以上に大変でした。同じ仕事なのに一日が終わるといつもの倍は疲れました。

それでも毎日毎日・・・

倍だった疲れは徐々に少なくなりました。そしていつしかそれが普通になりました。

『いつも笑顔だから。』

本当に嬉しい言葉でした。

いつかきっと

『20歳までは親の責任だから育てる。あとはお前の人生なんだから好きに生きろ。』

父がよく私に言っていました。
両親や兄弟のため、幼い頃から働いていた父は、私に同じ思いをさせたくなかったそうです。

私が世界中で最も話すのが苦手な相手、父。
しかし最近、ある事をきっかけにずいぶんたくさん父と話しました。

父も母も、私が覚えていないような私が幼い頃の事まで記憶していました。当たり前の話なのでしょうが、私が生まれる事、成長していく事、それを喜んでくれていました。

親孝行らしい事は何一つ出来ず、父と母の誕生日すら覚えていない。なんとダメな息子。

今、自分がなんとか商売で身を立てようともがく理由は二つ。

もう就職も出来ない、国になどもちろん頼れない。最期まで『自分の力で稼ぐしかない』そう思うから。

そして、、、

色々あり、父とはわだかまりもあった。しかし、70歳近い父がいまだに働いているのを見る度、申し訳ない気持ちでいた。

父は『働いていないと落ち着かない』と。そうは言っても少しは楽させたい。

『いつか両親に仕送りを。いずれ両親・弟の面倒を見れるくらいに商売を大きくしたい。』

そんな思いがあった。

いつかは、、、いつかは、、、

そう思っているうちはなかなか実現出来ない。

私がグズグズしているうちに、父が仕事を辞めざるを得ない状況になった。ようやく契約更新が決まったばかりだった。無論、常勤などではないので大きい額にはならない。

それでも、その収入があると少しは生活が楽。悩む父に、、、

『辞めていいよ。その分くらい俺がなんとかするから。』

すまない、すまない、と繰り返す父と母。

私は心の中で、今日の今日まで甘えていた自分を恥じた。そして、ようやく両親に少し、ほんの少し恩返しが出来る事が嬉しかった。

『お前の人生なんだから好きに生きろ。』

父の願い、思い。

私が自分のやりたい事を続ける事。好きに生きる事。

それもまた、親孝行なのかもしれない・・・

 

汚れ|ジム・スタジオが出来るまで⑦

今でもこの一番初めのスタジオの頃から通ってくださっているお客様があります。

『最初のスタジオが一番良かった!』といまだに言われたりします。嬉しいやら申し訳ないやら・・・笑

オープンしたばかりの頃は本当にお客様が少なく、来る日も来る日もただひたすら時間だけがあるような日々でした。

それが少しずつ、ほんの少しずつ、お客様がいらしてくださるようになりました。

初めのころは『パーソナルトレーニングなんてまだまだその辺で売ってても買ってもらえないだろう。』そう思い、ヨガやピラティスのレッスンを中心にしていました。

レッスンが終わるとフロアを掃除します。物もたいして置いていない小さいスタジオですから、毎回全体を隅々まで。

まだお客様が少ない頃でしたから、掃除を終えたフロアモップはたいして汚れていませんでした。

大きなフィットネスクラブなら、一度に何十人・何百人もの人が利用しています。一日にすると1000人近くの人が出入りしたりします。当然、汚れます。ある程度の汚れは致し方ないところもあるでしょう。

『小さいスタジオなんだから、掃除も簡単。それならお客様のために、なるべくきれいにしよう。』

そう思い、毎日毎日・・・鏡はいつでも曇り一つないくらいに磨き上げていました。

徐々にお客様も増え、あるイベントレッスンの時でした。

今までで一番大勢の方がレッスンにいらしてくださいました。いつものレッスンより動きも激しい内容。

イベントを終え、いつものように掃除をしました。フロアモップにはいつもの倍くらいのホコリが。

『あぁ・・・よかった。』

なぜか自然とそんな気持ちがわいてきました。

いつも掃除を終えてフロアモップを眺めるたび・・・

『汚れてないなぁ・・・仕方ないよね、お客さんまだ少ないし。』

少し寂しく思っていたんです。それが、今日はこんなにホコリが。

『成長したなぁ・・・』

我が子の成長を見る親のような気持ちでした。ああ、たくさんの人に来てもらえたんだ。ちょっと成長したんだなぁ・・・と。

汚れているということを、こんなに良い意味に感じたのは初めてでした。

『汚れてくれてありがとう。汚してくれてありがとう。』

自然と湧き出た自分のそんな思いが、自分でも少し奇妙に感じました。

仕事とは何か?お金とは何か?

あなたにとって仕事とは何ですか?

あなたにとってお金とは何ですか?

パーソナルトレーナーとして個人事業主になった私は、所属していたフィットネスクラブの休館日以外は毎日活動していました。

一日の活動時間はほぼクラブの営業時間と同じくらいでしたので、お客様にはよく『なんだ?!お前ここに住んでるのか?』なんてからかわれました。

スタジオを開いてからは週休ゼロ日。木曜日の夜、フィットネスクラブでピラティスのレッスンを担当していたので、自分のスタジオの定休日をその日にし、レッスンまでが自分の休みでした。

もともと10時間以上活動するのが当たり前になっていましたが、スタジオをオープンさせるとその状況は加速。一日の半分以上の時間を働いていました。

夜お店のエアコンのスイッチを切ると今日の運転時間が表示されます。

「本日の運転時間 15時間」

ああ、今日も一日の大半をここで過ごしたか・・・なんて思いながら帰宅します。

今はお店から徒歩5分ほどのところに住んでいます。一週間のほとんどを半径1km圏内のエリアで過ごします。定休日に作業しようものなら、一ヶ月近く町内から出ないような時もあります。

自分でお店をやる方は、大なり小なりこんな感じだと思います。スタジオを作る前、居酒屋さんをやっている方にお話を聞いたら『休みは無し、早朝仕入れに行って昼から仕込み、深夜まで営業してるよ』とおっしゃってました。

その時は『よくそれでやってられるもんだなぁ・・・』と驚きました。自分だったら耐えられるのかな、と。

トレーナーになる前は、販売員やら皿洗いやらマッサージやら、いくつか仕事をしました。どれも楽しかったですし、どんな仕事からも学ぶことがありました。

そうはいっても普通にお給料を貰っていた時は、休みの日が待ち遠しかったです。

スタジオをオープンさせてしばらくすると、自分自身の仕事に対する考え方が変化していることに気付きました。

『このお店を無事に大きく育てなきゃ。』

いつしかお店を我が子のように思っていました。

お店は我が子

仕事は子育て

大変なのは確かなのですが、大事な我が子です。そこに時間や労力を費やすことは、なんら苦ではなくなりました。

販売員時代は毎朝『今日の売り上げ目標は〇〇円、前年は・・・』なんてやっていました。だからでしょうか、売上げの数字を上げたいという習性があります。

順調に大切な我が子が育っていくと、売上げが上がってきました。

『やった!初めて〇〇万円いった!』

では私の給料も増えるのかというと、実はまったく変わっていません。

自分の給料は必要最低限にしています。私よりアルバイトの方が給料が高いくらい(笑)

もちろん、我が子であるお店のために、そして現在はもう一人の我が子「従業員」のために残しておきたいのもあります。でも、それ以前に・・・

『あれ?!俺、売上げの数字を上げることにはこだわるけど、現金が欲しいんじゃないんだ。』

広い家に住みたいとか、車が欲しいとか、旅行がしたいとか。そんな欲があまりないことに気付きました。

売上げを上げるのと、現金が欲しいのとは私の中ではまったく違うことでした。

売上げを上げるのは、言い換えれば自分の商売に工夫を施して結果を出すということ。言い方は悪いですが、子供のころにやった魚釣りのようなイメージです。

仕掛けやエサを工夫して、お魚がいっぱいいそうなところに糸を垂らす・・・いわゆるマーケティングってやつに似てませんか??

そして、魚がたくさん釣れる。つまり自分の考えた作戦が当たり、商売がうまくいく。この瞬間が楽しいんです。

本当の釣りなら得られるのは魚ですが、この場合魚とは『売上げ=お金』です。私は釣った魚を食べたいわけでなく、自分の考えた仕掛けや作戦がうまくいくかどうか、その事にだけ興味があるようです。

魚釣りと違うのは、自分の仕掛けた作戦がうまくいくということは、誰かにお店の魅力を感じてもらえ、楽しく使ってもらえた事を意味します。

私にとって

自分の店は『我が子』

仕事は『魚釣りのような遊び(に近いもの)』

のようです。

たいして休みもなく、贅沢をするようなことがなくても、真剣に毎日遊んでいるようなものなので、あまり苦ではないらしいです。

「仕事の時間」「自由時間(遊ぶ時間)」という区別もなくなったので、『仕事=生きる事』になっています。

・・・もちろん、お休みは欲しいですが 笑

自己投資と学ぶこと

自己投資というと、どんなことを思い浮かべますか?

セミナー?

養成講座(資格取得)?

書籍で勉強?

収入の何%かを自己投資に当てるべきだ、なんて話があります。パーソナルトレーナーやインストラクター達も自己投資を欠かしません。その一環でセミナーや養成講座に出る方も多いでしょう。

セミナー・養成講座などはピンきりで、数千円のものから100万円近いものまで様々です。

株などを買うわけではありませんが、投資である以上利益を得なければその投資は失敗ということもいえると思います。

以前、ヨガのインストラクターさんを募集した時のこと、まったく同じ養成機関出身の資格保有者の方が大勢面接にいらした事がありました。

『あれ?!あそこの学校って、就職率が高いのを売りにしていませんでしたっけ?』

ネットなどでも広告が多く出ていて、就職率90%とか100%をうたっていた養成機関だったんです。

『あ、ええ・・・』

現実はちょっと違ったようです。

ヨガは需要が高いのですが、その分資格保有者も大勢います。資格を取るのとレッスンを持てる(つまり収入を得られる)のはまったく別の話になります。

資格保有者が大勢いるので、競争は激しくなる。しかし、フィットネスクラブのレッスン数には限界があり、インストラクターの入れ替え順番待ちになってしまいます。

こうなってしまうと、せっかくの投資も利益に結び付かなくなってしまいます。もちろん、これはヨガに限ったことではありませんが。

自分のお店を開こうと考えたものの、根が臆病な私です。なかなか決断しきれない。

『300万~400万円かかるのかぁ・・・』

事業にかかるお金としては本当に小さい額です。でも、やっぱり怖い。

『なんの経験も知識もないのに・・・まず学校に行って経営を学ぼうかな?』

そんなことを考えた時・・・

『なんだ!学校に行ったと思えばいいんだ。学費だって300万とか400万かかるんだもん。』

知識がない・・・

経験がない・・・

自信がない・・・

だから勉強しなきゃと思いました。けど、学校で『商売』を学べるかな?大学なら3~4年。入学できるかも分からない。だいたい、知識つけても商売がうまくいくかどうかは別だ。

入学の時期やら手続き、試験・・・etc そんなことを考えたら一気に面倒くさくなったんでしょう 笑

『やめた!学校行ったと思って店を開こう。その方が先にスタートできるし、ずっと勉強になるだろう。』

臆病なわりに大胆でした。というより、強引に自分を納得させて開業に気持ちを向かわせました。

しかし、この選択は正しかったと思っています。

半ば強引にお店を作り始めた。何も知らない、何も出来ない。

どんどん資金は減っていきます。どうしよう?どうしよう?

人間必死になるものです。時間だけはあるので、毎日インターネットを眺めてヒントを探しました。

『もっとこうだったらいいのに。こうできないかな?何か方法はないかな?』

お金がないので何でもまず自分でやろうとしました。

看板が欲しい・・・でも高い。じゃあ、作ろう。

HPが欲しい・・・でも高い。じゃあ、作ろう。

クレジット決済できないかな?ネット予約出来ないかな?

もっとこうだったらいいのに、もっとこうしたい。そのためにはどうしたらいい?どうやったら出来る?

振り返ってみると、お店を出してからの数年間はかなり濃密でした。大げさに言えば、生き延びるためですから毎日必死です。生きている時間のすべてをつぎ込みました。

気がつけば、色んなことが出来るようになってました。色んなことを考えるようになってました。色んなことが”身”についてました。

きっと、座って先生のお話を聞いているだけじゃわからない、頭でわかっても身につかない。知識というより”知恵”。生き延びるための知恵がついたように思います。

『一年前の自分と今の自分。何が違うんだろう?』

以前はそんな風に感じていました。一年生きたのに、一年分成長してない。そんな自分にイライラしていました。

本当の学びは実践の中にある。私はそう思います。