使わない言葉


サイトをリニューアルしていました。サービス内容を短く分かりやすく表現しようと文言を考えていたのですが・・・

『マンツーマン指導のフィットネスクラブです。』

そう書きかけて、あわてて削除しました。

”指導” 実は私が使わないようにしている言葉の一つなんです。

マンツーマンで受けられるサービスというのは最近増えています。背景には時間の価値を高めるという最近の消費動向も影響しているのだと思います。

例えば学習塾。『個別”指導”の〇〇塾です。』と、個別で指導することを売りにしているところも多いようです。

私たちの仕事も”何かを習うもの・教えてもらうもの”と、認識されるのでしょう。だから時に、先生と呼ばれたりします。

先生

指導

教える

お客様は何気なく使われたりします。しかし、私からは決して使わないようにしています。

『先生というのは教師に対しての呼称だ。それ以外の人間が”先生”なんて呼ばれるとろくなことがない。』

政治家など、先生と呼ばれることがある人達に向けたそんな指摘を聞いたことがあります。

私はいわゆる”体育指導者”というような職からパーソナルトレーナーになったわけではなく、販売員・サービス業から転職しました。

だから、指導します・教えますそんな言葉は使えません。もちろん”先生”でもありません。

こうして、個別指導型のサービスが増えた今、マンツーマントレーニング指導と書いたほうが伝わりやすいんだと思います。

しかし、違う表現を探しました。

コメントを残す