トレーナーという仕事

パーソナルトレーナーの収入

投稿日:

Pocket

一口にパーソナルトレーナーと言っても、働く形態は様々です。

A 個人事業主つまりフリーランスのトレーナー

B 正社員として雇用されているトレーナー

C フィットネスクラブなどでアルバイトスタッフと兼任しているトレーナー

就業形態が違いますから、給与形態も様々です。

BとCの場合は月給ないし時給、つまり”給与”として収入を得ますが、Aのフリーランスの場合は大雑把に言うと<売上=収入>となります。

自分自身の店舗を構えた場合は別ですが、通常フィットネスクラブなどと契約をし、そこを活動場所とします。その場合、クラブから売り上げの何%かを歩合として頂戴すると言うような条件で契約をします。

例えば歩合60%の契約なら、月間の売り上げが10万円だったら、その60%=6万円がトレーナーの取り分と言った具合です。

歩合の平均はどのくらいなんでしょう??70%~80%くらいでしょうか。

自身の収入に関わりますから、なるべく歩合の高い所と契約したいと思うのが自然だと思います。

まだまだ小さい私のジムでは、所属してくれているトレーナー達には申し訳ないような歩合です。

でも・・・

普通のフィットネスクラブと契約した場合

『交通費支給はなし。クライアントは自分で頑張って獲得して。』

というのが普通です。個人事業主ですから当然です。

そしてそこには自分よりも先に活動していたトレーナー達、つまりライバルが存在します。

クラブによっては色々バックアップしてくれるクラブもあるのでしょうが、基本的には個人事業主ですから自分で頑張るしかありません。だめなら収入は得られません。

トレーナーも後から後からたくさん入ってきます。ライバルがどんどん増えていくわけです。

私が自分のジムのトレーナーを採用するときは ”この人のためなら自分が苦労しても構わない” そう思える相手を採用するようにしています。

だからそのトレーナーにたくさん仕事をお任せして、なるべく収入を得て欲しいと思うのです。どのくらい仕事を与えられるか、自分にノルマを課しています。

歩合は低いかもしれない。けど、その人のために頑張って集客しお客さんを紹介します。自分に課したノルマに達するまではトレーナーも増やしません。

あなたがフリーランスのトレーナーなら、どんな所と契約したいですか?

1~2年の間に店をたたむ者も多いといわれるパーソナルトレーニングジム業界で、今年7年目の営業を迎える。開業当初より、売上高は4.5倍、店舗面積は7倍までに成長する。 独自の考え方で今日まで営業を続けている。

-トレーナーという仕事

Copyright© 亀有 パーソナルトレーナー ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。