いっそ・・・|ジム・スタジオが出来るまで⑮

はじめのスタジオを作って二年目、私は別にジムの店舗を構えました。

目を付けていた物件は許可が出ず、急遽探した物件は当初の予算をオーバーしていました。それでも、私を信じて集まってくれたみんなと無事新しいスタートを切れることが嬉しく、スタジオでささやかなパーティーを開きました。

近くのお店からパエリアを届けてもらいました。同じ釜の飯を食う・・・そんな思いでした。

レッスン数も増え、スタジオの方は5人のヨガインストラクターさんたちが盛り上げてくれ、オープン以来初めて経験するような賑わいでした。

ところが・・・

肝心のジムが想像以上に苦戦していました。オープンからまだ間もないので仕方がないとはいえ、状況はかなり苦しいものでした。頭を抱える毎日でした。

『最初のスタジオだって、はじめは赤字続きだったじゃないか。落ち着け・・・』

毎日毎日、自分に言い聞かせていました。しかし、毎月の経費は以前の倍以上になっているのに売上はそれほど変わらないまま・・・本当に苦しい状況でした。

月末、テナント料の振込みをするときが最も憂鬱でした。預金通帳の残高を見て嫌な汗が出ました。

『どうする・・・どうしたら・・・』

真夜中、一人ジムに残ってパソコンに向かって計算していました。

・・・あとどのくらい生き残れる

季節は秋になっていました。コンクリートのままの床、大きなガラスが二面の店舗でしたから夜は本当に寒かったです。

スタッフルームを確保できなかったので、二つある更衣室の片方を休憩室代わりにしていました。やや広め、とはいえ更衣室です。休憩するには窮屈でした。ウェアを重ね着してもまだ寒いその場所で、必死で考えました。生き残る方法を。

深夜2時を過ぎた頃・・・突然激しい地震が襲いました。私は外に逃げ出し、どこをどう逃げたかわからないくらい走り回りようやく揺れが収まりました。

ジムに戻ると・・・ビルが倒壊していました。

『え?!』

その瞬間、目が覚めました。どうやら一瞬眠ってしまったようでした。

『なんだ、夢か。店はまだある。ああ、まだあるのか・・・』

店が無事。ほっとするべきところなのに、私は愕然としました。

『まだ試合続行中か・・・』

いっそゲームオーバーになってくれたら楽なのに、一瞬そんな考えが頭をよぎりました。

『バカか。逃げてどうする。逃げ道なんてないじゃないか。』

パソコンを片付け、ジムを出ました。

脅し|ジム・スタジオが出来るまで⑭    

パーソナルトレーニングジムの場合、マンションの一室を改造してというケースも多いです。が、私はリスクがあっても1階路面店にこだわりました。

ジムとして選んだ物件はビルの1階。50㎡ほどの物件でした。当時の私からしたら広く、家賃も少し予算オーバーでした。

それでも、自分を信じ集まってくれたインストラクター・トレーナーのみんなのために・・・と決断しました。

ようやく契約し内装も完了。さて、以前と違ってジムです。トレーニング機材が必要です。とはいえ、いったいどこから買っていいのかも分からない。

色々調べていると、とある通販メーカーのサイトにあった商品に目が留まりました。

商品説明にはサイズと耐荷重が記載されていました。ものすごい高額な商品ではないのですが、大事な機材ですのでそのメーカーに確認の電話を入れました。

『耐荷重は450kg!これは業務用だからそのくらいまで大丈夫!』

大阪のメーカー、担当者の方も商売人といった感じでテンポよく答えが返ってきます。

業務用・・・そのマシンを二台購入しました。

マシンが届き、トレーナーの男の子に手伝ってもらい組み立てました。夜遅く、ようやく出来上がって二人でそのマシンを眺めていて気付きました。

『これ、大きくない?』

『ですね、聞いてた寸法と違いませんか?』

計ってみるとずいぶん大きい。広い、とはいえそれほど大きな店舗ではありません。マシンの大きさは重要な要素でした。

『おいおい、全然違うよ・・・』

組み立て説明書のサイズ表記とまったく違いました。そして・・・

『え?!耐荷重も全然違う。しかもホームユースって書いてある。』

説明書の最後に、英語ではありましたが耐荷重・家庭用機との表記を見つけました。

サイズはまだしも、耐荷重は安全性に関わる部分。ここは譲れない。後日メーカーに問い合わせることにしました。

『サイズが違う?あ~そりゃ申し訳ない。ロットによって違ったりするんだよ、(製造した)メーカー怒鳴りつけておくよ。』

『でも、耐荷重もまったく違うし、そもそも業務用ではないとあります。もしそれが本当なら返品して欲しいのですが・・・』

始めはやさしく対応してくれていた担当者(おそらく社長)の態度が徐々に変わっていきました。

『なんだと!あんたも男だろ!商売やるんだろ!それならちまちま小さいことにこだわってんじゃないよ!』

ここでは書けないようなもっとすごい言葉で脅されました。普段は触れることの少ない大阪弁。いっそう迫力があり、もしやヤ〇ザ?!と怖くなりました。

でも・・・

『絶対に返してもらおう。そのお金はみんなの夢をかなえるためのお金なんだから。』

そう決意しました。

インストラクターになったばかりでチャンスを探している

トレーナーを目指す若者

新しい活動のステージを探しているベテラン

そんな人達が集まってくれていました。

『返してくれないなら直接乗り込んででも返してもらう。』

ものすごい言葉で脅してきた相手。何されるか分からないという不安もありましたが、相手の言ったとおりです。これから商売を始めるんだから、こんなことに屈して逃げてたらうまくいくわけがない。

住所から所在地、道順も確認しました。覚悟は出来てました。

そして・・・何度か交渉するうちについに相手がおれました。返品に応じると返答がありました。

『ちゃんと元通り梱包して返せよ!傷つけるなよ!』

一度組み立てたマシンをばらし、梱包しなおしました。私は元・スポーツ用品の販売員。過去、何度もやったことのある作業でした。文句のつけようがないくらいしっかり梱包してやる、そう思いながら作業しました。

深夜まで梱包作業を続け、一つひとつ写真に収め後日送り返しました。

本当に返金されるのか・・・商品を送り返してから毎日毎日不安でしが、無事入金がありました。

『よかった・・・』

返金交渉と同時に別のメーカーさんに機材を依頼していました。今度は失敗したくないので、そのメーカーさんの事務所に伺って、社長さんともお会いしました。

ジムから近い、職人の町にあるメーカーさんでした。社長さんもいかにも職人さんと言った感じの方。

機材をお願いしました。

苦労したほうが|ジム・スタジオが出来るまで⑬

『新たにジムを作る。』

そう決めて動き始めました。実は、最初のスタジオからほんの少しの場所に”ここでやってみたいなぁ”という物件があったんです。

実際に物件を確認し、打ち合わせも進んでいました。

同時に、スタジオでレッスンしてくださるヨガのインストラクターさんの募集も開始しました。

未経験者、経験者、超ベテラン(!)キャリアはさまざまでしたが、本当に気持ちの良い人たちが集まってくれました。

『よし!みんなのためにも頑張ろう!』

気合を入れた矢先でした・・・

『すみません。あの物件、やはりダメでした。』

仲介業者さんから連絡が入りました。内装の打ち合わせからインストラクターさんの採用、銀行の融資、すでに自分の計画は進んでいたのに・・・

『ここまで進んでいるんです、何とかなりませんか?』

私は、ビルのオーナーさん宛てに手紙を書いて仲介業者さんに渡しました。しかし答えは変わらず、しまいには仲介業者さんも連絡を返してくれなくなりました。

後々知りましたが、ビルオーナーさんの中には”フィットネスクラブ”が入るのを嫌がる方も多いようです。騒音・振動・夜間営業・・・オーナーさんにとっては懸念事項が多いようです。

”人々の健康に寄与する健全なモノ”この仕事をしている自分にとってはフィットネスクラブはそういうイメージでしたから、まさかそんなに嫌われ者なのか・・・とショックを受けました。

再度、物件探し・・・幸い、駅の反対側によさそうな物件を見つけました。とはいえ、最初に見ていた物件よりは距離がありましたし家賃も予算オーバーでした。

『やるしかない。』

こうと決めたら回り道するのが嫌いな性格。準備を進めました。

その後は順調に進み、銀行の融資もすんなりOKが出ました。物件も契約し、中に入れるマシンも手配しました。

『最初のスタジオを作るときはあんなに苦労したのに、今回は・・・』

不思議なもので、順調に行くと逆に不安になったりします。初めてのときより二回目の方が勝手も分かってきますし、実績も少しは出来てくるので、ある程度順調に進むのは当然と言えば当然なんですが。

『はじめに苦労したほうがうまくいく。』

なんとなく自分はそんな風に思っていましたから、何か起きるんじゃないか?と不安に思っていました。

内装もあらかた終わったころ、注文していたマシンが届きました。梱包を解き、組み立て。出来上がったマシンを見て”あれ?!”と気付きました。

やはり、すんなりとはいかないか・・・

全速力で・・・|ジム・スタジオが出来るまで⑫

柔らかい雰囲気のスタジオに、徐々にゴツゴツしたトレーニング機材が増えていきました。

期待に応えられなかった悔しさ、期待に応えたいという思いから少しずつ増えていったトレーニング機材。しかし、それは同時にスタジオの雰囲気を壊していきました。

私は自然と、新たにジムを作るべきだと考えました。

とりあえず1ヶ月スタジオを営業しよう。1ヶ月間何とかなったら3ヶ月・・・そんな思いでスタートしてから2年目のことでした。

ちょうどその頃は売上も安定してきていて、いわゆる”軌道に乗った”という状態だったと思います。なんとか黒字に、そして以前と同じくらいの収入を得られるところまできた、そんな頃でした。

目標としていた売上額まであとほんの少し・・・普通なら軌道に乗ったところで少し落ち着いて営業しようと思うのかも知れません。

しかし・・・

私には安定ではなく、停滞していると感じました。軌道に乗った、のでなく伸び悩んでいる。そう感じたんです。

今の状態に留まれば、結果の予想がつきやすい。人間は肉体的にも精神的にも現状を維持し安定しようとします。でも、現状を維持していたら目標を達成できない。その時の私はそう考えました。

『ジムを作る。』

開業からたった2年でもう1店舗作ろうというのです。”自信と勇気があったんだね。”そんな風に言われることもありますが、私の心の中はまったく逆でした。

『全速力で逃げる。』

それが私の本心でした。

このままの状態では何年も(店が)持たないだろう。では次に何をしよう?どうすれば崖から落ちずにいられるだろう。

私は臆病で自分に自信がない人間です。自分の能力が高くなく、弱いこともよくわかっています。

でも、己を知っている。自分の弱さを認めたときから、こんな自分が生き抜く方法はないか?と常に考えるようになりました。

何を作ったら・・・

何を差し上げたら・・・ 

この街の人は喜んで 楽しんでくれるだろうか?

それに応えるには? どうやったら作れる?

そしてもう一つ・・・

私がやっているのは小さなお店、個人事業でした。

でも、一人でやっているのと違い、小さくても店舗を構えた。

それは本当に小さな『企業』といえる。

企業の社会的役割・責任

『人々にモノ・サービスを提供し利益を生み、経済に貢献し、かつ雇用の創出をすること。』

そんな定義があったと思います。

小さくともお店として、事業として始めたんだ。自分の小遣い稼ぎの延長ではいけない。そんなことを考え始めていました。

『お店を増やし、他のインストラクター・トレーナーさんの活動の場を作ろう。』

色々な思いを胸に、ジムとスタジオを作ろうと動き始めました。

しかし、この時の私は知りません。

みんなの期待裏切ってしまうということを・・・