借金は才能


あなたは ”借金” と聞くと、どんなイメージを抱くでしょう?ポジティブなイメージを抱く人は少ないかと思います。

身内の恥をさらすようですが、私は父が借金を作って家庭内が荒れたことがあったので、かなり借金に対してネガティブなイメージがありました。

フリーランスのパーソナルトレーナーになったとき、会社に”雇われない”で生きることがかなり不安でした。

『明日お客様が0(ゼロ)になったらどうしよう・・・』

いつも頭にはそんな不安があったので、借金やローンを組むことが怖くて出来なくなりました。乗っていた車が壊れてしまい、代わりの中古車を購入した時は、契約後に怖くなって何とか解約しようとしたほどでした。総額30万円くらいだったはずなので、車としてはかなり安かったのですが(笑)

自分のスタジオを始めよう、そう決めて自己資金を貯めてはいましたが、全額自己資金でまかなえるほどではありませんでした。

最初のスタジオを作る時、私は政策金融公庫の融資に失敗しました。実績もない、事業計画書の書き方さえ分からない、そんな状態でしたので今考えれば当然の結果でした。(ジム・スタジオが出来るまで

どうしていいのか分からず、消費者金融から借りようか考えたほどでした。しかし、借金することが怖い自分。問い合わせの電話をする手が震えていました。結局消費者金融には申し込めませんでした。

困り果てて気付きました・・・

『父はお金を借りることが出来たんだ・・・』

父親は公務員で定年まで勤め上げていました。お金を貸す方としては信用出来る相手でしょう。一方、これから事業を始める、まだ実績もない私。そんな私には誰もお金を貸してくれない。そうか、借金できる能力がないんだ、と。

お金を借りることが出来る、それはつまりお金を調達する能力があるということで、経営者として大切な能力なんだと思います。

同時にそれは “お金を返す能力がある”  と相手が信用してくれるという事。信用される実績・根拠が示せるということなんだと思います。

資金を安定して調達することが出来れば、商売において大切なタイミング・スピードが得られる。

何かを買うためにするような”借金(ローン)”と事業においての”資金調達”は違う。

経験してみてようやく分かりました。

コメントを残す