二店舗目への挑戦

いよいよ

投稿日:

Pocket

初めて自分の店を作ったのが7年前。
小さな小さなお店でした。

開店に必要な資金の融資を何とか承認してもらい、返済期間はどうしますか?と聞かれました。

『最長の7年で。』

何の自信もありませんでしたから、迷わず最長の期間でお願いしました。
お願いしたものの、内心は・・・

『7年も店が持つのか?!』

途方もない長さに感じました。

それからは必死の毎日・・・
気づけば今年、その最初の融資の返済が終わります。

その間、無謀に店を二つにして失敗し、最初のお店を縮小し、何とか建て直し、ひとつに統合。
現在の店舗になりました。

移転・拡大して早2年。
最近は、ありがたいことに集客も安定しています。
(相変わらず広告販促費はほとんどゼロです。)

そして少し前、最初のお店を出すときにお願いした額と同じ額の融資を、もう一度申し込みました。

以前は却下されました。
今回はすんなり承認がおりました。

『ああ、俺はこれでも少しは頑張ってきたんだな。』

途方もない長さに感じた7年が終わる年
新たな途方もない7年を始めることにしました。

最初のお店とほぼ同じ大きさの小さな小さなジム。

121FITNESS綾瀬店 稼動しました。

初のお客様。
新規加入の女性トレーナーがセッションしてくれました。
期待を裏切らず、いいセッションでお客様に選んでもらうことができました。

店を作ること自体は車を買うのとさほど変わりません。
お金さえあればできます。

けど、お客様に選んでもらえるかどうかは、まったく別。
そして選んでもらい続けられるかどうか。

よいスタートが切れました。
そしてそれはまた、初心に戻り苦しい道を歩むことを意味します。

けど・・・

7年前とは違います。
ちっぽけでも積み重ねたものがあります。

そしてなにより
支えてくれる仲間ができました。

いまや店舗NO1になった男性トレーナーと、新規加入の彼女が揃ってセッションをしている様子を眺めながら・・・

『ああ、変わったなぁ。いい空気になったなぁ。』

彼等のためにもがんばろう。
妻ともそう話して、二人とも毎日深夜まで開店作業に追われていました。

小さな一歩
新たな一歩

私にとっては知らない道
勇気を持って歩んでいきます

これからもどうぞよろしくお願いします。

1~2年の間に店をたたむ者も多いといわれるパーソナルトレーニングジム業界で、今年7年目の営業を迎える。開業当初より、売上高は4.5倍、店舗面積は7倍までに成長する。 独自の考え方で今日まで営業を続けている。

-二店舗目への挑戦

Copyright© 亀有 パーソナルトレーナー ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。