日々の呟き

非日常にならないフィットネスクラブは作れるのか

投稿日:

Pocket

なぜフィットネスクラブに入らないか?あるいは、フィットネスクラブに入ってもやめてしまうのか?

一般的なアンケートには真実は表れないと思っている。

運動をしない人にとって、運動は非日常。
人間にとって、日常の外に足を踏み出す行為は、それだけで苦痛を伴う場合がある。
そうでなくても運動は苦手。

ようやく勇気を振り絞り、フィットネスクラブに向かう。

周りはみんな出来る人。
出来ない自分が恥ずかしい。
インストラクターさんは別の生き物に見えるかもしれない。

なんとなく居場所がなく、疎外感さえ覚えるかもしれない。

今日も残業。
疲れて運動する気になれない。

あそこは運動する場所だ。
運動しないと“先生”に怒られる。
怒られるのはやだな。
“出来ない”自分を見に行く気にはなれないな。

こうしてフィットネスクラブは俺・私にとって、“無関係な場所”になっていく。

もし、運動しなくてもいいよと“先生”が言ってくれたら・・・

今日も残業。
こんな時間じゃまたコンビニ弁当かぁ・・・
健康のために何かしなくちゃいけないのに。
こんな時間じゃ身体にいいものも食べられない。

どこかで一息付いて、身体にいいものを食べたら。ほんの少しでも“健康のため”に努力したことにならないかなぁ・・・

健康のためにフィットネスクラブに入る。

運動のためにフィットネスクラブに入る、ではない。

健康のために運動
ゴールは健康

健康のためには運動だけ?
運動だけの施設だから、多くの人にとって“非日常”で“無関係”な場所になる?

健康のためのコンテンツがある場所
と、定義しなおしたら?

今日も残業。
フィットネスクラブに行って一息付こう。
一息付けて、“美味しくて・身体にいい”食事がちょっと食べられるから。

疲れてるけど、せっかくだからちょっとだけ運動しようかな?

“先生”も気が向いたらちょっとやればいいよって言ってくれたし。身体にいいものを食べるだけでも、健康のために頑張ったねって言ってくれるし。

今日はひとつだけやって帰ろう。

——————————

これが正解ではないかもしれない。

でも、ヒントにはなる。

-日々の呟き

Copyright© 亀有 パーソナルトレーナー ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。