ピラティス日記①

あまりいいことではありませんが、トレーナー界にも流行があります。一昔前は”インナーマッスル”と言えば肩のインナーマッスルを指すくらい流行ったことがあります。

しかし、最近はインナーマッスル=お腹の筋肉と誤解されるくらい腹部のインナーマッスルに注目が集まっています。

筋トレ大好き、重たいものを持たないと気がすまないような私がピラティスの資格を持っていました。マットだけでなくマシンも。

私がピラティスを習おうと思った当時は、少しずつトレーナー達が資格を取り始めた頃でしたが、まだグループレッスン・女性インストラクターというイメージが強かったです。

天邪鬼な私のことです。『ピラティスが流行ってきてるな、一応取っておくか』見たいな気持ちで資格を取ったわけではありません。

フィットネスクラブ時代、とあるクライアントさんを他のトレーナーさんから引き継ぐことがありました。その時、別のトレーナーさんがセッションで呼吸の誘導を行っているのを見たんです。

それはピラティスではなく、流行り始めた『ドローイン』だったのかもしれません。いずれにしても、呼吸への働きかけは今まで見たことがなかったので興味がわきました。

そこから色々調べているうちに、ピラティスに辿り着きました。面白そう、しかし自分の苦手な部類の動き・・・柔軟性には自信がありませんでした(笑)

悩みながら調べていると、養成費用が手頃な新しいピラティス団体を見つけました。手頃・・・とはいえ、やはり10万円以上はします。まだまだ駆け出しだった私には悩む金額でした。

『勉強してみたいなぁ・・・でも、俺に出来るかなぁ、活かせるかなぁ??』

興味を抱きつつも、迷っていました。

当時活動していたフィットネスクラブにも、ピラティスのクラスはありました。今まであまり気にしたことはなかったのですが、興味を持ってからはピラティスについてお客様とお話したりしていました。

当時からお世話になっているお客様で、クラシックバレエをやられている方があります。バレエをやられる方ならピラティスにも興味があるのでは?と思い何気なくピラティスのクラスについてお聞きしたら・・・

『ん~・・・もっと面白いピラティスのレッスンが欲しい。』

ちょっと予想外の返答でびっくりしたのを覚えています。驚くのと同時に・・・

『よし!じゃあ、俺が習って、面白いレッスンを作ろう!』

柔軟性もありません・・・

人前に出るのは苦手です・・・

それなのに、なぜか無謀にもそんなことを思ったのでした(笑)

申し込みをし、勉強を始めました。が、結果としてはこの団体で勉強しただけではピラティスを指導することは出来ませんでした。(ここから私の養成ビジネス嫌いが始まるのですが・・・)

使えない資格だけが手元に残りました・・・

お腹を6つに割る方法② お腹が6つに割れる条件とは?

お腹を凹ます・6つに割るためにはどうすればよいでしょう?

これ?

こっち?

ご存知の方も多いと思いますが、正解はどちらでもありません。(6つに割りたいと願うあなたのからだの現状にもよりますが。)

お腹が6つに割れる(割れて見える)条件があります。

タニタさんでこんな商品が発売されています。

参考 皮下脂肪厚計 STYLE LEADER SR-901

商品説明に、お腹が割れる条件は腹部の皮下脂肪が4mm程度になること、とあります。

そう・・・大事なのは、腹筋の筋肉量ではなく、まず皮下脂肪を落とすこと、なんです。

筋肉より脂肪の方が表層にあります。当然ながら、その奥の筋肉を一生懸命鍛えても、皮下脂肪厚が高いうちは、せっかくの腹筋も表に顔を出してはくれません。。。

でも、腹筋運動を一生懸命やれば痩せるんじゃない?そう思う方も中にはあるのかも知れません。だって運動だから。

写真でいう流行の体幹トレーニングでも伝統的な腹筋運動でも、消費するカロリーはあまり多くはありません。腹筋運動に限らず、運動で消費できるカロリーは期待するほど多くはないのです。

でも、代謝があがれば・・・

筋肉が付けば代謝が上がって、太りにくい身体になる。

これも、誰かが過剰な期待を持って刷り込んだお話ですね。現実は、筋肉が付いたことで(イメージされるほど)太らないということはありません。

もちろん、筋肉を激しく使うトレーニングを行う意義・効果はあります。むしろ、しっかり行いたいものです。

整理します。

お腹を6つに割るためには、体脂肪量を下げることが条件です。(経験的には体脂肪率10%前後にしないと割れた状態は見えにくいと感じています。)

さあ、それがわかればやることは決まってきますね・・・

 

お腹を6つに割る方法③ お腹を6つに割る正しい方法

男性の(女性も)憧れ6パック。

思えば、腹筋運動の器具はテレビショッピングなどでは昔から定番ですよね。

『今までの器具でダメだったあなたもこれで!』

『決定版!これで憧れのお腹が!』

通常の腹筋運動の何倍というデータもこうした商品にはつきものですが、お腹を割る条件 でお話した通り大切なのは皮下脂肪厚。何倍の効果があろうがそもそもあまり意味がありません。

先日大手オークションサイトをのぞいたら、一世を風靡した〇ンダーコアが大量に出品されていて、なんだかちょっと切なくなりました 笑

さて、お腹を6つに割る正しい方法。それはもちろん・・・

まずは 体脂肪率を下げる

体脂肪が下がれば、腹筋が見えてきます。ただ、6パックを作るのならしっかり腹筋群を鍛えることが大切。あのポコポコとしたパックをつくるには、腹筋群をしっかり鍛える必要があります。

では、体脂肪率を下げるには・・・これはまた別の機会にお話しますね。

 

お腹を6つに割る方法① お腹=体幹?!

お腹を割りたい!と言う方に ”どうしたら割れると思いますか?” と聞いてみると・・・

”やっぱ腹筋?いや・・・体幹!インナーマッスルでしょ!”

と、単語だけが返ってきてしまうことがあります。しかしこの体幹 いつからこんなによく聞く単語になったんでしょう?

腹筋=体幹=インナーマッスル と連想する方は意外と多いようです。(というより、メディアにこの単語だけ刷り込まれてみんな困ってるんじゃないかな?と思っていますが。)

腹筋・体幹・インナーマッスルは基本的には別物です。

腹筋:正確には腹筋群です。単一の筋肉の名称ではありませんので。6つに割りたい!!と熱望する方が頭に思い描いているのは腹直筋です。

お腹の真ん中、6つに分かれた部分ですね。腹直筋は多腹筋という種類の筋肉です。(筋肉の途中に腱があって分かれて見えるんです。)

余談ですが、この分かれ方にはかなり個人差があります。6つの人・8つの人、ちゃんと並んだ人・離れている人。腹直筋に限りませんが、筋肉の付き方・形状はかなり個人差があります。(ちなみに私は8つです。)

腹筋群には他に、外腹斜筋・内腹斜筋・腹横筋などがあります。

体幹:実はこの定義があいまいだったりします。現在、雑誌やネットで体幹と言った場合、単にお腹を指すことが多いようです。

本来は、腕・脚・頭(首)を除く部分、つまり胴体を指します。いつの間にか=お腹にされてしまったようですが。

インナーマッスル:インナーマッスルが大切だ!アウターを使いすぎてはダメ!というと、なんかトレーナーっぽい感じがした時期がありました。

インナーマッスルとは深層筋のこと。筋肉はねじれたり折り重なったりしながら骨にくっついています。その折り重なりの中で、深い位置にあるものを深層筋=インナーマッスルと呼びます。(実際は体表面で確認できるものもあり、位置だけでなく機能で分類されています。)

体幹に注目が集まるので、インナーマッスル=お腹の深い位置の筋肉とイメージする方もあるようですが、実際には肩にも脚にも存在します。

ちなみに腹部のインナーマッスルと言われるのは、腹横筋・多裂筋・横隔膜・骨盤底筋群です。(大腰筋を含む場合もあります。)

さて、あなたなら6つにお腹を割るためにどうしますか?どこを鍛えますか??

 

お腹を6つに割る方法

お腹を割りたい!6つに割りたい!男性を中心に憧れの一つのようですね。加えて、ちょっと前から ”腹筋女子” なんていわれるように女性もぐっと引き締まったウェストにあこがれる人も増えたようですが。

さて、お腹を6つに割ろうと考えたら、あなたなら何から始めますか??

こんな感じでしょうか??

それともベタにこっち??

今もって、お腹を凹ます・お腹を割るためにいわゆる腹筋運動を採用する方は多いようです。(写真でいうと下のやつですね。)

最近では ”お腹” という単語は ”体幹” という言葉に置き換えられてしまったようですが、その意味を正確に捉えさらにお腹を6つに割る方法を知る方はまだ一部のようです。順を追ってみていきましょう。