冒険

20代の頃、自転車で地元・新潟から沖縄まで旅をしたことがあります。(あ、海はフェリーです。)

自転車が好き 海が好き 空が好き

沖縄に行ってみたいし、毎日自転車を好きなだけこいだらどれだけ楽しいだろう。そんな単純な動機でした。

世界一周するわけでも、日本さえ一周するわけでもない。それでも、今まで一度も経験がないことなので本当に不安いっぱいでした。

毎日寝る場所が違うのか・・・それより寝る場所は確保できるのか・・・

今と違ってスマホなんてまだなかった頃です。出発前に図書館に行って、コピーした地図を片手に旅に出ました。

途中、いろんな方に声をかけられました。

”頑張って!”

”えらいね~”

時には食べ物を頂いたりもしました。

”頑張ってるね” そんな風に言われると、ありがたくもあり申し訳なくもありました。自転車に重い荷物を載せて走る・・・はためには”頑張ってる”と見えたのでしょう。

”自分は好きなことしかしていない。遊んでるだけだ。仕事もしていないのに・・・”

心の中では、世間の皆さんごめんなさい、なんて気持ちでいました(苦笑)

”ああ・・・頑張ってる人を応援したくなるって、日本人のDNAに組み込まれているんだな。”

自転車を降り、普通の格好で街にいるときには決してそんな風に応援はされません。

旅行者と旅人

”どこまで行くの?頑張って!”

そんな声をかけられると、旅人に戻ったんだな、なんて思いました。

出発前、一冊の本を読みました。自転車で世界中を冒険した方の本でした。

その中の一文・・・

『冒険の偉大さは、移動した距離や経験したことの内容で決まるわけではない。例え行き先が隣町でも、それがその人にとって勇気が必要なことならそれは偉大な冒険だ。』

その人が今まで経験したことがない新たなことにチャレンジする、勇気を振り絞って・・・それこそが冒険なんだ、と。

今、自分が取り組んでいることなんて大したことではありません。どこにでもよくある話。

でも、私は今までそれをやったことがありません。どうやっていいかも分かりません。

世界初でも日本初でも業界初でもありません。

当たり前すぎて誰も気にもとめないでしょう。

でも、私には冒険。命がけの冒険なんです。

価格設定

ライザップのジーンズが話題になっていました。正確にはライザップが買収したジーンズメイトのジーンズ、ですが。はっきり覚えていないのですが、確か4,990円~6,990円という価格帯だそうです。

ユニクロなどは低価格路線で2,990円~3,990円くらいでしょうか。EDWINなどナショナルブランドは10,000円~。いわゆるヴィンテージとなると更に高額に。

つまり、ジーンズメイトとしては中間の価格帯である4,990円~6,990円という価格設定で勝負をしようということらしいのですが・・・さて。

相場・・・一般的に想像されるモノの値段があります。これよりかなり安い価格を設定すると注目されやすくなります。逆に、これよりはるかに高い価格も注目されます。

中間の価格帯というのは、実は結構難しいものなのかな?と思います。

有名な言葉で『値決めこそ経営』というのがあります。

自身の商品・サービスにいくらの値段をつけるか。逆に、この値段で勝負したいから、その値段で利益が出るように仕組みを作るということも。

価格・値段の設定はその後の利益を決定すると同時に、どの市場に参入するのか、どこと比較されるのかということにもなります。

パーソナルトレーニングでいえば、高額に設定した場合ライザップなどの高額ジムと比較されるようになります。反対に安く設定した場合、24時間ジムや一般的なフィットネスクラブなどとも比較されるようになるかもしれません。

価格を設定する。

それは確かに、商売のすべてを決定するといってもいいのかも知れません。

変わらないこと ~宅配と無人ジム~

amazonより

ネットで見かけてネットで購入したのがこちらの本。

今、宅配会社が大きな難局にあります。原因が何かといえばまさに↑これ(笑)ネットでちょっとしたものまで注文出来てしまうということ。

この市場が宅配会社のキャパシティを超えて大きくなっていったことで、荷物を捌ききれなくなっているというのです。

しかし、問題の本質は量の問題ではなく、宅配便が ”人から人への手渡し” を前提として作られたシステムであるということなのでは?と考察されていました。(同時性というそうです。)

今朝ふと目にした記事・・・1コイン100円で始められるフィットネスクラブ

え~?!という驚き。いや待てよ、1日100円だから月3000円か。それぐらいならありえるか、と思ってみたらやはり無人ジムでした。

同時性を解消することが今後のビジネスの可能性を広げるといわれています。つまり、人と人が同時に同じ時刻・同じ空間にいなくてもサービスの授受(商品の購入など)が出来るシステムを作る、ということだそうです。

ある意味最近増えた無人ジムというのは、この同時性を解消することでもあるのかなぁ?(厳密にはちょっと違うように思いますが)なんて思いながらそのクラブのサイトを眺めていました。

この秋、一つの取り組み・挑戦をしようと思っています。といっても私に出来ることなので、業界を揺るがす!とか、現代のフィットネス業界に一石を投じる!みたいなことではなく(笑)

子供の成長は早いのですが、大人になってしまうと数年経っても大きな変化がなかったりします。

昨日と今日、ほんの一日ではなおさら。全く変化がないようにみえるでしょう。

しかし、この全く変わらない状態を、からだは必死で ”維持” しています。変わらない状態を保つため、代謝・再生を繰り返し、見た目には大きく変化がない状態を保っているそうです。

実際は、様々なものが代謝され新しく作り直されています。

いつも思います・・・

”一年後、こうしていられるかな?”

来年の今頃も変わらず、こうしてお店をやっていられるかな?と。

変わらないためには、変わらなければいけない

常に変化をし続け、変化し続ける周囲の環境に適応していく。そうしてはじめて ”変わらない”  状態になる。

本当に全く何も変えずにいたら、あっという間に陳腐化していきます。

変わらないために 変わる

そんな2017年の後半戦にしたいです。

例え失敗しても。

暗闇フィットネス

最近話題の『暗闇フィットネス』サイクリングやボクシングなど、色々あるようですね。

そんな流行の暗闇フィットネスに通われているお客様がいらっしゃいました。が、ある日・・・

『来月で辞めることにした。こっち(私のジム)の月額コースにする。』

ちょっと驚きました。

というのもその方は、とある暗闇フィットネス系のスタジオのオープンを楽しみにしてらっしゃって、オープン後はレッスンを楽しんでらっしゃったようだったので。

『ん~・・・なんかフラストレーションが溜まって。』

聞けば、担当するインストラクターさんによってだいぶ内容が違うとのことでした。

グループレッスンにおいては、担当するインストラクターさんによってレッスン内容や雰囲気(ニュアンスというんでしょうか)はやはり違います。ある程度は統一するのでしょうが、やはり人間がやるものなので、仮に全く同じ内容にしても受ける印象はかなり違うものになると思います。

しかし、その方は別のスタジオにも通われていましたので、そうした”差”については理解されていました。では何が・・・?

『あまりに内容が違う。内容が違うのはいいんだけど、なんかこう・・・』

よくよくお聞きすると、おそらくその方の中には

このくらい動きたい

このくらいの爽快感が欲しい

というものがあるようでした。

内容が違っても構わないけど、いつも同じ(くらいの)結果(爽快感など)を得たいということのようでした。

なるほど、と思いました。

運動によってもたらされる効果というのは様々で、何を求めるのかも人それぞれです。

運動の効果には長期的な効果(減量や筋力アップなど)と短期的な効果(爽快感や達成感など)があります。

私自身、筋肉を付けたい・この部分のサイズを大きくしたいなどの長期的な効果(目標)を求めると同時に、今日はこのくらい追い込みたい・このくらいの強度でやりたいという短期的な効果を求めています。

いつも同じ結果を得たい

これって何かに似ていると思いませんか?

いきつけのお店の ”いつものやつ” 

あのお店のこれが食べたい あのお店のこれなら間違いない

いつも安定した結果が得られる、これって何かを習慣にするときには重要なポイントなんじゃないか?と思いました。

採用基準

私が商売を始めた理由の一つは、”もうどこも自分など採用してくれないだろう”そんな考えがあったからでもあります。

年齢・実績・学歴・・・運よく採用してもらえても、まともな給料をもらえるようになるまでには数年はかかるだろうと思います。いや、もらえないかもしれません。

何より・・・私は面接が苦手です。

人前で話をすることが苦手なのですが、特に自分より年上の男性と話をするのは本当に苦手です。

多くの場合、企業の面接となると基本的には目上の男性と一度は話す必要があるでしょう。過去に数回受けましたが、結果は散々なものでした。

結局、アルバイトなどで生計を立て、いつしか独立してお店を構えるようになりました。

もともとは一人で営業していましたが、現在は2名のスタッフがいます。

もちろん面接をしました。一番初めに面接したときは自分で可笑しくなってしまいました。

『面接が受けられない自分が面接をしている。』

しかし、面白いもので立場が変わると色んなものが見えてきました。というより・・・

『ああ、なるほど。だから俺は面接に受からなかったんだ。』

自分が面接に落ちた理由がわかりました(笑)

残念ながら業界的な特徴もあるかもしれません。世間の常識とかけ離れた人も多く面接にやってきます。

面接時間を過ぎてから遅刻の連絡をくれる方

無断でキャンセルする方

また個人営業の小さな店ですから、滑り止めくらいの気持ちでいらっしゃる方もあります。『待遇がよかったら働いてやろう。』みたいな雰囲気の方もあります(苦笑)

大企業の面接となるとみなさん構えるでしょう。面接対策・応答の仕方などなど・・・ところが、小さい店のアルバイト採用となるとそこまでは対策しないでしょう。

大企業であれば人件費の予算も採用人数も、個人店のそれとは比べ物にならないでしょう。

その人を採用したからといって、人事担当者や直属の上司が直接その人にお給料を支払うわけではありません。予算という数字で責任を負うくらいでしょう。

私は面接する時にはいつも思います。

『この人を採用するということは、俺の給料を削ってでもこの人に給料を払うんだ。』

と。だから、本当に真剣に選びます。小さい店だからゆるい基準で雇ってくれるだろう?まさか。

小さい店の小さい予算です。だからこそ必死です。真剣に選びます。

問い合わせのメール・電話

返信のタイミング

履歴書から想像する人物像

今はインターネットの時代です。名前と少しの情報を入力すれば、たいていの場合その方の情報に辿り着きます。(怖い時代ですよね・・・)

テクニックで丁寧な対応をしているのか、本当に誠実な人なのか。ちょっとしたやり取りからでもわかります。

私の採用基準。それは・・・

『この人のためなら自分が苦労しても構わない。』

そう思わせてくれる人物。それだけです。