採用基準

私が商売を始めた理由の一つは、”もうどこも自分など採用してくれないだろう”そんな考えがあったからでもあります。

年齢・実績・学歴・・・運よく採用してもらえても、まともな給料をもらえるようになるまでには数年はかかるだろうと思います。いや、もらえないかもしれません。

何より・・・私は面接が苦手です。

人前で話をすることが苦手なのですが、特に自分より年上の男性と話をするのは本当に苦手です。

多くの場合、企業の面接となると基本的には目上の男性と一度は話す必要があるでしょう。過去に数回受けましたが、結果は散々なものでした。

結局、アルバイトなどで生計を立て、いつしか独立してお店を構えるようになりました。

もともとは一人で営業していましたが、現在は2名のスタッフがいます。

もちろん面接をしました。一番初めに面接したときは自分で可笑しくなってしまいました。

『面接が受けられない自分が面接をしている。』

しかし、面白いもので立場が変わると色んなものが見えてきました。というより・・・

『ああ、なるほど。だから俺は面接に受からなかったんだ。』

自分が面接に落ちた理由がわかりました(笑)

残念ながら業界的な特徴もあるかもしれません。世間の常識とかけ離れた人も多く面接にやってきます。

面接時間を過ぎてから遅刻の連絡をくれる方

無断でキャンセルする方

また個人営業の小さな店ですから、滑り止めくらいの気持ちでいらっしゃる方もあります。『待遇がよかったら働いてやろう。』みたいな雰囲気の方もあります(苦笑)

大企業の面接となるとみなさん構えるでしょう。面接対策・応答の仕方などなど・・・ところが、小さい店のアルバイト採用となるとそこまでは対策しないでしょう。

大企業であれば人件費の予算も採用人数も、個人店のそれとは比べ物にならないでしょう。

その人を採用したからといって、人事担当者や直属の上司が直接その人にお給料を支払うわけではありません。予算という数字で責任を負うくらいでしょう。

私は面接する時にはいつも思います。

『この人を採用するということは、俺の給料を削ってでもこの人に給料を払うんだ。』

と。だから、本当に真剣に選びます。小さい店だからゆるい基準で雇ってくれるだろう?まさか。

小さい店の小さい予算です。だからこそ必死です。真剣に選びます。

問い合わせのメール・電話

返信のタイミング

履歴書から想像する人物像

今はインターネットの時代です。名前と少しの情報を入力すれば、たいていの場合その方の情報に辿り着きます。(怖い時代ですよね・・・)

テクニックで丁寧な対応をしているのか、本当に誠実な人なのか。ちょっとしたやり取りからでもわかります。

私の採用基準。それは・・・

『この人のためなら自分が苦労しても構わない。』

そう思わせてくれる人物。それだけです。

パーソナルトレーニングはじめました|ジム・スタジオが出来るまで⑩

『こんな小さいお店でパーソナルトレーニングなんてやっていても売れるわけない。』

そんな思い込みがあり、オープン当初はあまり積極的には”パーソナルトレーニング”をブログやHPに載せてはいませんでした。

業界の平均からすると、私のスタジオのパーソナルトレーニングの価格設定は決して高くありませんでした。それでも1時間6000円程度。

『こんな小さなお店で、そんな値段のものを、どこの誰だか分からないようなトレーナーから買う人はいないだろう。』

そんな風に考えていました。

ところが・・・オープンしてから半年が過ぎた頃、徐々に『パーソナルトレーニングやってますか?』そんなお問い合わせが増えてきました。

少しずつ少しずつ、パーソナルトレーニングの比率が高くなっていきました。

グループレッスンではなかなか集客に苦しみ、悩んでいた頃でした。単純に価格だけ比較すると、パーソナルトレーニングの方が単価が高いので、パーソナルトレーニングのお客様が増えるのと比例して売り上げも安定してきました。

『なんだ・・・はじめから自分の一番好きなもの・信じたもので勝負すればよかったんじゃないか。』

実際はパーソナルトレーニング自体がメディアで取り上げられ、世間での認知度が上がったことや、亀有では私しかパーソナルトレーニングスタジオをやっている人がいなかったのが大きな要因だったのでしょう。

それでも、自分の信じたもので勝負する事が、実は一番確実なんだと思いました。

さて色々なトレーニングのご依頼を頂きましたが、やはり多かったのがダイエット・筋力アップでした。

ところで最初のお店はと言うと・・・

そう、何もありません。トレーニング機材はほとんどありませんでした。

フィットネスクラブの中でトレーナー活動している頃なら・・・『まずこのマシンからやりましょうか。次にあっちでダンベルを使って・・・』なんて調子でセッションするわけですが、何もない・・・必死で知恵を絞りました。

元々はダンベル・バーベルといった『重たいもの』が大好きな私です(笑)何もない空間でいかにトレーニングを作り出すか、本当に悩みました。

ある日・・・

『次から次へとよく考えるよ・・・何のトレーニング道具もないのによくこれだけ人を苦しめられるなぁ(笑)』

わずかな機材で工夫しながらトレーニングを作る私に、感心するように、また半分あきれたようにお客様がおっしゃいました。

何もない場所でいかにトレーニングを作り上げるか、そんな風に悩んだ事はのちに財産となりました。

こうして順調にお客様は増えていったのですが、ある日私は悔しい思いを抱え、ある決断をすることになります。

ピラティス日記①

あまりいいことではありませんが、トレーナー界にも流行があります。一昔前は”インナーマッスル”と言えば肩のインナーマッスルを指すくらい流行ったことがあります。

しかし、最近はインナーマッスル=お腹の筋肉と誤解されるくらい腹部のインナーマッスルに注目が集まっています。

筋トレ大好き、重たいものを持たないと気がすまないような私がピラティスの資格を持っていました。マットだけでなくマシンも。

私がピラティスを習おうと思った当時は、少しずつトレーナー達が資格を取り始めた頃でしたが、まだグループレッスン・女性インストラクターというイメージが強かったです。

天邪鬼な私のことです。『ピラティスが流行ってきてるな、一応取っておくか』見たいな気持ちで資格を取ったわけではありません。

フィットネスクラブ時代、とあるクライアントさんを他のトレーナーさんから引き継ぐことがありました。その時、別のトレーナーさんがセッションで呼吸の誘導を行っているのを見たんです。

それはピラティスではなく、流行り始めた『ドローイン』だったのかもしれません。いずれにしても、呼吸への働きかけは今まで見たことがなかったので興味がわきました。

そこから色々調べているうちに、ピラティスに辿り着きました。面白そう、しかし自分の苦手な部類の動き・・・柔軟性には自信がありませんでした(笑)

悩みながら調べていると、養成費用が手頃な新しいピラティス団体を見つけました。手頃・・・とはいえ、やはり10万円以上はします。まだまだ駆け出しだった私には悩む金額でした。

『勉強してみたいなぁ・・・でも、俺に出来るかなぁ、活かせるかなぁ??』

興味を抱きつつも、迷っていました。

当時活動していたフィットネスクラブにも、ピラティスのクラスはありました。今まであまり気にしたことはなかったのですが、興味を持ってからはピラティスについてお客様とお話したりしていました。

当時からお世話になっているお客様で、クラシックバレエをやられている方があります。バレエをやられる方ならピラティスにも興味があるのでは?と思い何気なくピラティスのクラスについてお聞きしたら・・・

『ん~・・・もっと面白いピラティスのレッスンが欲しい。』

ちょっと予想外の返答でびっくりしたのを覚えています。驚くのと同時に・・・

『よし!じゃあ、俺が習って、面白いレッスンを作ろう!』

柔軟性もありません・・・

人前に出るのは苦手です・・・

それなのに、なぜか無謀にもそんなことを思ったのでした(笑)

申し込みをし、勉強を始めました。が、結果としてはこの団体で勉強しただけではピラティスを指導することは出来ませんでした。(ここから私の養成ビジネス嫌いが始まるのですが・・・)

使えない資格だけが手元に残りました・・・

プレゼント|ジム・スタジオが出来るまで⑨

最初のスタジオがオープンして少し経った頃でした。ある日、覚えのない荷物が届きました。

差出人を見ると、地元の友人の名前が。

『いつか自分のお店を作る。』よくそんな話をした相手でした。しかし、実際は足踏み状態。毎年同じことを言っていました。

こんな自分かっこ悪い・・・

新潟を離れパーソナルトレーナーになり、ついに自分のお店を作るところまで辿り着きました。

『ついに夢を叶えたね。遠くから応援してるよ。』

ちいさなメッセージカードが添えられていました。お店の住所を伝えたことはなかったので、ブログでチェックしてくれて・・・本当に嬉しかったです。

お店がオープンしてからは、少しほっとしたのもつかの間、毎日毎日不安しかなかったです。

銀行通帳の残高はどんどん減っていきました。

悔しさ、不安、疲労・・・

気付かないうちにストレスがたまり、気持ちが荒れていました。

不安や悔しさはいらだちに繋がり『頑張って!』と言われても、『頑張ってるよ、これ以上どう頑張ればいいんだよ!』そんな風に感じてしまう始末でした・・・

周りの成功を妬んだり、嫌な感情が自分を支配している事にさえ気付けませんでした。

逃げ道はありませんでしたから、毎日毎日手探りで頑張り続けました。気が付けば半年が過ぎ、一年が過ぎ・・・

『まだ潰れてない。まだ大丈夫みたいだ。』

少しだけホッとしました。

ある日・・・フィットネスクラブ時代お世話になった社員さんが転勤すると知りました。

『迷惑かけたし、何かあげようかな?』

そう思い、すぐ近くのショッピングモールへ。Tシャツか何か、ちょっとしたものを買いました。

『人に何かをプレゼントするって、いつ以来だろう・・・』

裕福ではないけど、不自由なく暮らしてきた日々。

それがお店を出してからは、毎日毎日が不安で不安で・・・お金の余裕と共に、いつしか心の余裕も失っていました。

誰かにプレゼントをする

誰かにプレゼントが出来る

ラッピングしてもらった包みを片手にショッピングモールを歩きながら、自然と人にプレゼントをしようと思えた事が本当に嬉しくなったのを今も覚えています。

おばあちゃん|ジム・スタジオが出来るまで⑧

最初の小さなお店がオープンしてしばらくした頃の事でした。

『なに?このカウンター!大丈夫なの?!』

そう言いながら、おばあちゃんがカウンターを揺すりました。

『うわ~!ちょ、ちょっと』

今でこそ簡単な店舗の内装まで出来るようになりましたが、最初の頃はカウンター一つ作るのも深夜までかかってました。

ようやく作ったカウンターをそのおばあちゃんは『んもう!こんなんで大丈夫なの?!』と言いながら手でガタガタさせてみせました。

その数日前・・・

『どう?元気にしてる??』

フィットネスクラブ時代お世話になったおばあちゃんから電話が。

『はい!何とかやってます。もうすぐ潰れるかもしれませんが・・・』

オープン当初は本当に不安で、よくそんな風に話してました。

『なぁに冗談言ってるわ。どの辺だったっけ?』

スタジオの場所を伝えると、数日後そのおばあちゃんが訪ねて来てくださいました。

『こんなところに(お店)出したんだ。ずいぶん迷ったじゃない!』

『あ、え?!ごめんなさい。』

『お客さんはいないの?!大丈夫?』

そして、カウンターを揺すり始めたんです。決して意地悪なわけではありません。下町の方らしい、ちょっと手荒な挨拶・冗談でした。

一週間後、またそのおばあちゃんはいらっしゃいました。今度は手に何かを持って。

『ほら。』

そう言って渡してくださった袋の中にはパンがたくさん。

『あたしゃパンは食べないから、おいしいかどうかわからないよ。』

なんて言いながら。

お元気な方ですが、年配の方が隣の駅とはいえわざわざ電車に乗って。そしてお店を探しながら歩いて・・・実際、結構大変だったと思います。

ちょっと手荒な挨拶も、心配してくれているからこそでした。

『もうちょっと近かったらねぇ・・・』

『〇〇さんにも言っておいたんだよ。』

『ちゃんと食べれてるのかい?』

一生懸命、私のお店と私のことを心配してくださってました。親心でしょうか。ちゃんとご飯食べていけてるのかしら?と心配してくださったようで、また次にいらした時もパンを片手に・・・

『いつもすみません。ありがとうございます。』

『そろそろお客さんが来るよ。あたしゃ人を呼ぶんだから。』

誰もいないお店に入ったら、自分の後からどんどんお客さんが入って来ることがよくあるそうです。

『そうなんですね。だといいんですが。』

『大丈夫だよ!』

実際にお客さんが来るかどうかより、その気持ちが本当に嬉しかったです。

『じゃあね。また来るね。』

そう言っておばあちゃんは帰っていきました。すると・・

『プルルル・・・プルルル・・・』

お店の電話。お客様からのお問い合わせでした。

『すみませ~ん。』

今度はお店の戸を開けて入ってきてくださった方が。

・・・ホントだ。

おばあちゃん、ありがとう。