変な集客方法 ~チラシをまけ!?~

営業を始めて6年が経ちました。実は今日までお金を掛けてチラシをまいたりはしていません。チラシどころか看板も手作りでした。

開業当初はとにかく色々な業者さんが営業に来ました。ブログ・HP開設したころからはネット関連の営業電話がひっきりなし。彼らのためにブログやHPを作ったんじゃないか?と思うくらいでした。

開業してしばらくはお客さんが来ません。これが1個数百円くらいの食べ物を販売するようなお店なら ”お!なんか新しいお店だ。何だろうあれ?” と試しに買っていく方があるでしょう。しかし、私が扱っているのはパーソナルトレーニング。しかも、当時はまだパーソナルトレーニングが一般的でなく ”パーソナルトレーニング?!なに?え?1時間6000円も取るの?!” なんていわれた頃でした。通りがかりの人が物珍しそうに店内を見ることはあっても、”試しに・・・”なんて感じでお申し込みいただくことはほとんどありませんでした。

お客さんが来ない。どうしたら良いかと人に尋ねると、たいてい ”チラシをまきましょう。” と言われました。所属してもらっていたインストラクターさんからも何度も言われたっけ。

申し訳ないなぁと思いつつ、私はチラシをまくことはしませんでした。(ほんの数枚配って歩いた程度。)単に私があまのじゃくということもありますが、一応の理由がありました。

よく言われるチラシの反応率。つまり、チラシを何枚配ったらどのくらいの反応が得られるか、という割合です。この数字は、どんなチラシを・どのエリアにまくのか・取り扱い商品とその価格帯・そうした要因で変化してしまうため、なかなか統計的に有効な数字はないのだと思います。1000枚まいて1人反応があるかどうか、とも言われています。

フィットネスクラブ時代、頻繁にスタッフがティッシュ配りに行くのを見て私は驚きました。”へぇ~この業界ではまだまだ一般的なんだなぁ。” と。ちょっと意外だったのです。

当時、私のお店のヨガ・ピラティスのレッスンは1レッスン500円~2500円程度と低価格でした。月謝制でもありませんでした。資金があり、多くのスタッフがいるようなお店ならチラシを配るのもありだとは思うのですが、基本的には私1人で運営している状態でしたので、ここに労力と資金を投入するのは得策ではないと感じたのでした。(費用対効果というんでしょうか。)

なにより(これは個人的なバイアス:偏見もありますが)、ここ最近自分がチラシ(街頭・ポスティング含め)を見て購買行動を起こしたことがなかったんです。駅前を通ると一生懸命チラシを配ったいる人たちがいます。ほぼ大半の人達がちょっと迷惑そうに通り過ぎます。私もちょっと遠回りしたりします。マンションの郵便受けには ”チラシお断り” の文字。私自身、帰宅時にあふれているチラシを見るとうんざりします。

ふと・・・

『自分自身が受けて迷惑と思うことを人にするのか?』

そんな考えがよぎりました。

それにもし、自分が作ってお一人ずつ手渡しだったら・・・必要のない人にはお渡ししないし、捨てられたら悲しいはず。

そう、チラシを企画する人→配る人→貰う人、お店側とお客さん(この場合、見込み客ということになりますが。)の間に距離があるから、こんな風に配れるんだなぁ・・・と気付きました。

実際は、情報を届けたいターゲットの年齢や特性によってこうしたチラシ(紙媒体)が有効なこともありますし、すべて無駄とは思いません。

ただ、よく言われることですが、情報は『貰う』時代から『自分で探す』時代に変わっています。

ただ、集客には私なりのもう一つの考えがあります。

自然から乖離する身体

地面はアスファルト舗装

建物はコンクリート

移動は鉄の箱

現代人は自然を離れた生き物です。唯一といっていいくらいの残された自然は、身体。自分の身体はかろうじて残る自然です。

人間を含め、動物の身体は微生物で埋め尽くされています。私もあなたも、『自分』というひとつの命と思っていますが、実際はものすごい数の命があなたの身体を住処にしています。まるで、あなたがひとつの惑星でそこに様々な命が住みついてるかのように・・・

人間は『動くこと』をやめようとしています。いまやインターネットでほとんどのものが購入でき、翌日には自宅まで届きます。実際、家から出なくても生活が出来てしまうようになってきています。

それ以前から人間は自分自身の乗り物『両脚』を捨て、車・電車で移動をするようになっていました。脚・骨盤帯はロコモーター:身体を運ぶ・移動させる役割を持っています。

今あなたはネットで検索をして私のブログを見つけてくださったのかもしれない。IT分野ではAI(人工知能)の研究が進んでいます。人間の代わりに知能を持ち、いずれ人間の仕事を奪っていくとさえいわれています。

動かない

考えない

人間は動物であることも、人間であることも捨てようとしているのでしょうか。動かず、働かなくてもよくなった先には何があるのでしょう?楽ちんな生活?きっと人間は、生きる意味を見失ってしまうと私は思います。その結果、あの映画『マトリクス』のような仮想現実(バーチャルリアリティー)を作り出し、その中で安全に暮らすのかもしれません。人間が作り出したコンピュータ(AI)に、人間が制御され『生かされる』そんな世界になるのかもしれませんね。

フィットネス・健康の分野でも、健康状態をモニターして適切な食事や運動をアドバイスしてくれるアプリやそれを組み込んだ住宅などが開発されています。

トレーニング機器も進化していて、従来の重りが付いたようなマシンから、さながらSF映画に出てくるような乗り物にのり、仮想空間の中で運動するようなマシンまで出てきています。

果たしてこれは進化なのでしょうか?

身体には感覚受容器が無数にあり、身体と脳は意識下・無意識下で情報のやり取り・調整を行いながら身体を操作しています。

いまあなたは当たり前に生卵をつかめるかもしれない。

しかし、そのためには何回かそれをつかみ、重さ・固さを記憶し、それにあわせた筋肉の出力を学習し、指や腕を動かしているのです。

そして、その運動プログラムは脳に記憶され、一旦習得するとあとはなにも意識しなくてもその動作を行うことができます。そしてその記憶は長い間保存されます。

もうずいぶん長いこと自転車に乗っていなかった人でも、少し練習すればまた乗れるようになるのは、こうした脳の仕組みによるものです。

人間の脳・身体の機能は膨大な進化の時間をかけて巧妙に創り上げられてきました。

人がここ数十年で創り上げた技術はそれに追いつけるのでしょうか?

もう一度自然に、内なる自然に戻るべきなのではないか?と思うのです。この巧妙な人間の機能を最大限引き出すことがどれほど重要か。そのために人は身体を動かし、脳に情報を伝え、動きを調整し、また脳に情報を送る。

動くことは生きることであり

生きることは動くこと

そのために我々は、運動・身体を動かす必要があるのだと思います。

セミナーに参加しない理由

パーソナルトレーナーはセミナーに行ったり、新しい資格を取ったりして情報のインプットをすることに余念がない人たちです。

しかし、私はあるときからセミナーに行かなくなりました。自分の店舗を作ったあたりから時間がなくなったのもあるのですが、もっと別の理由であまり積極的にセミナーの類は参加しなくなりました。

一時からトレーナー関連のセミナーが本当に増えました。

以前ならトレーニングテクニック系のセミナー、次に流行ったのがトレーナー向けビジネス系セミナー。その時々の”流行”がセミナーのテーマにも反映されます。

セミナーの数自体が増えた理由の一つは、トレーナーがトレーニングを売る以外の収入源としてセミナー講師を始めたことがあります。

『女子選手はとにかく優しく扱うこと。男子選手はコーチの経歴・資格。』

短大時代、選手指導のポイントを冗談っぽく先生がこう話してくれました。男性は社会性の強い性質を持つので、相手の経歴・資格といった権威に弱い。

このことはトレーナー向けセミナーでも良く見られます。セミナーの内容そのものよりも ”誰が” 講師なのかが重視される傾向があります。そして、なんらかの資格がとれるということがすごく大切なようです。

トレーナーになってしばらくのうちは、いわゆる【テクニック系】のセミナーに参加していました。腰痛改善のための〇〇とか、走動作の改善テクニックとかそういったやつです。

こうしたセミナーに参加して感じた問題点、それは、ステレオタイプで見やすくなってしまうことです。

例えば腰痛。腰痛の原因は多種多様で、実は医学的にもまだ論争があるもの。腰痛改善のセミナーなどで教えてくれるのは、そのうちのごく一部。にも関わらず、一つの考え方を聞いてくると、どうしてもその事象に当てはめて考えてしまいがちです。それに1DAYのセミナーだと、知識のつまみ食いみたいな感じになるので、基礎から積み重ねて理論を学べません。

その結果、この前セミナーで習ったから・・・と、どのクライアントさんにも同じ事をしてしまうという、トレーナーがよくかかる ”はしか” みたいな状態になってしまいます。

メリットよりデメリットが多い。そうした理由で1DAYのセミナーはあまり参加しなくなりました。

では、【養成講座】的なものはどうか?

ちょっと意外かもしれませんが、トレーナーという資格は数多く存在します。しかし、いわゆる公的なものはありません。

実は整体師もそうなのですが、乱暴な言い方をすれば ”よし!俺は明日からトレーナーだ!” と言えばトレーナーになれるのです。特に国の認定を受けなければいけないものではないので。

色んな団体が、色んな資格を発行しています。他の業界でも同じでしょうが、要するに ”資格を売って商売をしている” 人達がいるわけです。特に出来たばかりの団体などでは自分たちの資格保有者を増やしたいので、お金を出して講座を受ければ資格を ”あげる” ようなことがあります。

とある資格を取得した時、ほとんど実技を教えてもらえない&講師も実技が下手だ、ということがありました。新しい団体。とりあえず資格保有者を増やしたいところだったんでしょう。

資格・養成講座すべてが悪いと言いたいわけではありません。しかし、どこかの団体に所属し資格を取るというのは、見方を変えるとその団体の”お客さん”になるわけです。養成費用・道具の購入・年間単位取得のための費用・資格更新費用・・・ときにはお店が一軒立つくらいの費用をとられる場合もあります。

よほど必要な資格、あるいは資格云々関係なく学びたい内容でない限り、養成講座は受けなくなりました。

では【ビジネス系】セミナーは?というと、それこそ玉石混交というやつです。怪しい情報ビジネス系もあれば、毒にも薬にもならないもの、マーケティングを題材にしながら基本が間違っているもの・・・etc

一度、講師のプロフィールに 『月100冊のビジネス書を読んで得た知識を皆さんに・・・』と書いてあるのをみて 『え?それならブックオフにでも行ってビジネス書を買って来よう。』 と思いました。100円からありますし(笑)

なので、セミナーではなくブックオフやジュンク堂さんで勉強しています。(立ち読みではなくちゃんと購入して、ですよ。)

何かセミナーに出るときは、純粋にそれを学びたい、あるいはそれを学ぶことで自分のクライアントさんの課題が克服できるなど、明確な意思・目標をもてるかどうかで判断される事をオススメします。

間違い | ジムスタジオが出来るまで③

何度も打ち合わせを繰り返しようやく内装が決定しました。内装費の見積もりを頂いて、私は政策金融公庫へ事業計画書を持って融資の申し込みに向かいました。

ここで間違ってしまいました。結構やってしまう方もあるそうですが、私もやってしまいました・・・

まったく初めて作り始めた自分のお店。まさに右も左も分からない状態。不動産屋さんは急かすし、内装も早く着工したい・・・そう、融資の結果を待たず契約してしまったのです。

内装業者さんにもそうした状況はお話していたのですが、お互い焦っていたのでしょう。気付かずに契約してしまいました。

1ヵ月後くらいだったでしょうか、公庫から電話が入りました。

”今回は残念ながら・・・”

目の前が真っ暗になりました。どうしたら?!工事は進んでいました。手持ちの資金は物件の契約料に支払ってしまっていたので、残金はわずか。

”あと半月で200万円を作らなければ・・・”

生まれて初めて眠れない夜でした。あと半月で・・・両親から借りるなんてことも出来ません。夜中バイトしてどうにかなるような話じゃない。一人ベッドで嫌な汗をかきました。

翌日、個人事業を長く営んでいる方に相談してみました。

”大丈夫だよ~お金貸してくれるとこなんていっぱいあるよ~”

何だそうなのか。。。少しだけ希望が見えました。教えてもらったテクノプラザへ向かいました。しかし・・・融資制度は受けられないと言われてしまいました。(実はこのときは気付いていなかったのですが、融資そのものを受けられないのではなく、融資にかかる保証料を免除してくれる制度が受けられないということでした。)

再び絶望。振り出しに戻りました。どこへ向かったらいいのか分からないままバイクを走らせました。暑い夏の日でした。

当時は松戸に住んでいましたので、松戸の市役所の方へ向かいました。何か情報があるかも・・・と。色々見ているうちに、ん?待てよ?俺、勘違いしてるな。

初めてのことでしたし、かなり焦っていたので冷静に考えることが出来ていませんでした。ようやく気付きました。

”さっきの話は保証料を優遇してくれる制度が申し込めないだけで、融資そのものの話じゃないんじゃないか?”

ようやく勘違いに気付きました。すぐに松戸の信用保証協会の窓口を調べ、とにかく話だけでもと転がり込みました。

後日正式に申し込み、審査が始まりました。審査結果が出るまで1ヶ月ほど。本当に不安な毎日でした。その間も工事は進んでいました。

 

ある日、仕事を終え内装工事が進んでいく自分のお店を見に行きました。現場では夜遅くまで、大工さんたちが一生懸命作業をしてくださっていました。

”ありがとうございます。少し見させていただいてもよろしいですか?”

大工さんたちにお願いして、しばし現場を見させてもらいました。初めて間近で見る大工さんたちの仕事。イメージ通りに出来上がっていく自分のお店。

”果たしてオープン出来るのかな。いっそここで中止した方が・・・”

不安から弱気になっていました。手際よく作業する大工さんたち。その様子を見ているうちに・・・

”ばかか、俺は。俺があきらめてどうするんだ。”

 

そんな気持ちがわいてきました。仕事だから当たり前と言えば当たり前ですが、見ず知らずの自分の店を一生懸命大工さんたちが作ってくれている。それなのに・・・

ポケットにお客様から頂いた、マクドナルドのカードがありました。融資を待っている身。100円使うのもためらうような日々。もしものために使わずに取っておいたのですが、すぐ近くのマクドナルドに向かい大工さんたちに差し入れを買いました。

”こんなことぐらいしか出来ず申し訳ない・・・”

情けない気持ちになりながら、大工さんに手渡すと

”おお~ありがとう。あとで頂くよ~”

そのお顔を拝見して勇気が湧きました。例え一日でもオープンさせよう!大工さんたちの苦労に報いるためにも。

今の自分に出来ることを精一杯やろう。そう決めて現場を後にしました。

お店が出来上がったのは、少し肌寒くなった頃でした。

ダイエットと食文化 ~食事とレジャー~

職業柄、いろいろな方のお食事内容を拝見します。

ダイエット・・・単純に言ってしまうと (食べたカロリー)ー(消費したカロリー) この差で決まる、と言われます。(実際はちょっと違います。)

最近は体重計でなく、体組成計といい体脂肪率や筋肉率、そして基礎代謝量なども簡単に測定することが出来ます。(基礎代謝=体温調節など生命維持に必要なエネルギー量)

基礎代謝量×1.3~1.5=一日のエネルギー消費量なんて数式をご覧になったことがある方もあると思います。

そしてここ最近では、ほとんどの食品に栄養成分表示があり、エネルギー量も表示してあります。

これなら (食べたカロリー)ー(消費したカロリー) も計算しやすそうです。

にもかかわらず、体重増加に悩む方は増える一方なのが現状です。

実際、摂取したカロリーも消費したカロリーも厳密には分からず、各個人の基礎代謝量も本当の数字は分かりません。そして更に、同じ量のカロリーを摂取しても、体内でどのくらい蓄えてどのくらい使うかにも個人差があります。

ますますもって、簡単には計算など出来ません。

それにもまして難しいのは、 ”なぜ食べるのか?” と言う事です。

人間は(動物も実はそうかもしれませんが)お腹が空いたから食べる、だけではありません。心理状況などにも大きく左右されています。

ストレスから暴飲暴食・・・なんてよく聞きますよね。<ストレス=欲求が満たされない状態=快楽の刺激を求める=食べる> となっていくのかもしれません。

食べることは最も手軽なレジャーだ、そんな表現をする方があり、なるほどと思いました。手軽なレジャー。

レジャーというと、海とか山とかあるいは何かの施設などへ出かけたり、ゴルフやスキーなどのスポーツを楽しむことをイメージすると思います。

ところが例えば仕事が忙しくてストレスが溜まっている・・・なんて場合はレジャーにかける時間もない。そうすると、最も手っ取り早く、短時間で移動もなく ”快楽” の刺激を得られる ”食べる” という行動で補うというのです。移動時間もなく、経済的損失も比較的少ないレジャー ”食べる事”

こんな風に人間の食行動は精神的な影響を多く受けています。例えばいつも食べている量も、実は精神的な影響あるいは習慣で決定されている部分があります。

食事量のコントロールを始めらたお客様がびっくりされることがあります。

”このくらい食べないと足りない、不安って思ってたけど意外と(食事量を減らしても)ぜんぜん平気だった。”

ダイエットの難しさはこうしたところにもあります。単純に計算しただけ、特定の栄養素を抜いただけではうまくいかないのは、その奥に潜んでいる ”心理・習慣” そうした事が理解できていないからなんです。