商売の仕組み

商売の仕組み①|パーソナルトレーニングという商売の実態はなにか?

投稿日:

Pocket

お店を作ろう!と思ったとき、どんなことを考えますか?

どんな商品・サービスを

どんな雰囲気のお店で

こんな感じでしょうか?

私が最初のスタジオを作った時もそんな感じでした。しかし、後になって気づきました。パーソナルトレーニングジムに限らず、お店を作るときに最も重要なこと。

それは・・・商売の仕組みです。

商売の仕組み

パーソナルトレーニングという商売を考える

パーソナルトレーニングはどんな商売でしょう?サービス業?専門職?

どういった観点で考えるかによって答えは変わりますが、パーソナルトレーニングは

”自分の時間に値段をつけて売っている商売”といえます。

通常パーソナルトレーニング1セッションは60分程度ですから、自分の60分に値段をつけて販売しているということになります。

 

売上はどうやって作られるのか

あなたがパーソナルトレーニングジムを開いてパーソナルトレーニングを売ろうと思っているなら、売上は・・・

客数(=セッション数) × 単価(=セッション単価)=売上高

大まかにいうと、この計算式で表されます。現在ではサービスや商品は無料で提供し、広告で収入を得るビジネスモデルなどもあったりしますが、ほとんどの商売の売上がこのシンプルな式に当てはまります。

パーソナルトレーナーが抱える”売上の限界”

意外とトレーナーになる前は意識しませんが、セッションを販売するということだけを考えた場合、パーソナルトレーナーには売上の限界が存在します。先の計算式

客数(=セッション数) × 単価(=セッション単価)=売上高

パーソナルトレーニングの1セッションは、おおむね30~90分で設定されることが多いです。つまり・・・

セッション時間 × セッション単価=売上高

と言い換えることができます。ところで、あなたの一日は何時間ですか?時間は残念ながらみな同じ24時間。実際には営業時間の範囲に限定されます。

つまり、一日の販売個数に限界があるということです。当たり前なのですが、始める前にこの点をしっかり考えておきましょう。

1~2年の間に店をたたむ者も多いといわれるパーソナルトレーニングジム業界で、今年7年目の営業を迎える。開業当初より、売上高は4.5倍、店舗面積は7倍までに成長する。 独自の考え方で今日まで営業を続けている。

-商売の仕組み

Copyright© 亀有 パーソナルトレーナー ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。