限界と責任|ジム・スタジオが出来るまで⑪


トレーニング機材もない空間でパーソナルトレーニングを行う。私にとってはちょっとした挑戦でした。

今までやってきたこと、学んだことを頭の中でひっくり返し、『こうやったら?いやこうして・・・』と、トレーニングを創り上げていきました。

『何も持ってないなら工夫する、自分で作る。』

これはトレーニングだけでなく看板からホームページまで、すべてにおいて共通した私の行動指針のようになりました。

『ないから出来ない・ないからあきらめる。ではなく、どうやったら出来るようになるか考える。』

いつの間にか、”何か手がないかな?”が口癖になりました。

当初女性のお客様が大半だったのですが、トレーニングのご依頼が増えるにしたがって男性のお客様も増えていきました。

手持ちの道具で工夫しながら何とかやってきましたが、やはり男性のトレーニングとなるとちょっと負荷(重り)が足りない場面も出てきました。なので徐々に本当に必要な道具を選んで買い足していきました。

柔らかい雰囲気のスタジオに、ちょっとずつ不釣合いなトレーニング機材が置かれていきました。

春先だったでしょうか。ダイエット目標の女性がトレーニングを開始されました。とても頑張り屋さんな方で、お仕事で疲れていらっしゃるだろうに、一生懸命楽しそうにトレーニングに取り組んでらっしゃいました。

しかし・・・結果が出ない。

お食事も気をつけて、トレーニングも頑張ってらっしゃるのに、結果が出ない。申し訳ない気持ちになりました。

実際には他に原因があったのだと思いますが、その当時の私はこう思いました。

『もっとたくさんトレーニングしてもらえる環境を提供できたら・・・そうしたらこの方の思いに応えられるかもしれないのに。』

トレーニングのバリエーションも限られる、有酸素運動だって出来ない。申し訳なくて仕方がなくなりました。

残念ながら、希望通りの結果を出せないまま、そのお客様はトレーニングを終了されました。自分の限界と責任を改めて感じました。

申し訳ない気持ちで自分のスタジオを振り返りました。

柔らかい雰囲気のスタジオの中に、ダンベルやトレーニングベンチが置かれていました。悪戦苦闘した結果でした。でも・・・

『違う、何かが違う。』

ちぐはぐになっていくスタジオの雰囲気。それは自分の迷いや悩みを象徴しているようでした。

限界だ。ジムを作ろう!

お客様の思いに応えたい、自分の責任を果たしたい。そのためにはジムが必要だ。そう思った瞬間でした。

コメントを残す