採用基準


私が商売を始めた理由の一つは、”もうどこも自分など採用してくれないだろう”そんな考えがあったからでもあります。

年齢・実績・学歴・・・運よく採用してもらえても、まともな給料をもらえるようになるまでには数年はかかるだろうと思います。いや、もらえないかもしれません。

何より・・・私は面接が苦手です。

人前で話をすることが苦手なのですが、特に自分より年上の男性と話をするのは本当に苦手です。

多くの場合、企業の面接となると基本的には目上の男性と一度は話す必要があるでしょう。過去に数回受けましたが、結果は散々なものでした。

結局、アルバイトなどで生計を立て、いつしか独立してお店を構えるようになりました。

もともとは一人で営業していましたが、現在は2名のスタッフがいます。

もちろん面接をしました。一番初めに面接したときは自分で可笑しくなってしまいました。

『面接が受けられない自分が面接をしている。』

しかし、面白いもので立場が変わると色んなものが見えてきました。というより・・・

『ああ、なるほど。だから俺は面接に受からなかったんだ。』

自分が面接に落ちた理由がわかりました(笑)

残念ながら業界的な特徴もあるかもしれません。世間の常識とかけ離れた人も多く面接にやってきます。

面接時間を過ぎてから遅刻の連絡をくれる方

無断でキャンセルする方

また個人営業の小さな店ですから、滑り止めくらいの気持ちでいらっしゃる方もあります。『待遇がよかったら働いてやろう。』みたいな雰囲気の方もあります(苦笑)

大企業の面接となるとみなさん構えるでしょう。面接対策・応答の仕方などなど・・・ところが、小さい店のアルバイト採用となるとそこまでは対策しないでしょう。

大企業であれば人件費の予算も採用人数も、個人店のそれとは比べ物にならないでしょう。

その人を採用したからといって、人事担当者や直属の上司が直接その人にお給料を支払うわけではありません。予算という数字で責任を負うくらいでしょう。

私は面接する時にはいつも思います。

『この人を採用するということは、俺の給料を削ってでもこの人に給料を払うんだ。』

と。だから、本当に真剣に選びます。小さい店だからゆるい基準で雇ってくれるだろう?まさか。

小さい店の小さい予算です。だからこそ必死です。真剣に選びます。

問い合わせのメール・電話

返信のタイミング

履歴書から想像する人物像

今はインターネットの時代です。名前と少しの情報を入力すれば、たいていの場合その方の情報に辿り着きます。(怖い時代ですよね・・・)

テクニックで丁寧な対応をしているのか、本当に誠実な人なのか。ちょっとしたやり取りからでもわかります。

私の採用基準。それは・・・

『この人のためなら自分が苦労しても構わない。』

そう思わせてくれる人物。それだけです。

コメントを残す