ピラティス日記①


あまりいいことではありませんが、トレーナー界にも流行があります。一昔前は”インナーマッスル”と言えば肩のインナーマッスルを指すくらい流行ったことがあります。

しかし、最近はインナーマッスル=お腹の筋肉と誤解されるくらい腹部のインナーマッスルに注目が集まっています。

筋トレ大好き、重たいものを持たないと気がすまないような私がピラティスの資格を持っていました。マットだけでなくマシンも。

私がピラティスを習おうと思った当時は、少しずつトレーナー達が資格を取り始めた頃でしたが、まだグループレッスン・女性インストラクターというイメージが強かったです。

天邪鬼な私のことです。『ピラティスが流行ってきてるな、一応取っておくか』見たいな気持ちで資格を取ったわけではありません。

フィットネスクラブ時代、とあるクライアントさんを他のトレーナーさんから引き継ぐことがありました。その時、別のトレーナーさんがセッションで呼吸の誘導を行っているのを見たんです。

それはピラティスではなく、流行り始めた『ドローイン』だったのかもしれません。いずれにしても、呼吸への働きかけは今まで見たことがなかったので興味がわきました。

そこから色々調べているうちに、ピラティスに辿り着きました。面白そう、しかし自分の苦手な部類の動き・・・柔軟性には自信がありませんでした(笑)

悩みながら調べていると、養成費用が手頃な新しいピラティス団体を見つけました。手頃・・・とはいえ、やはり10万円以上はします。まだまだ駆け出しだった私には悩む金額でした。

『勉強してみたいなぁ・・・でも、俺に出来るかなぁ、活かせるかなぁ??』

興味を抱きつつも、迷っていました。

当時活動していたフィットネスクラブにも、ピラティスのクラスはありました。今まであまり気にしたことはなかったのですが、興味を持ってからはピラティスについてお客様とお話したりしていました。

当時からお世話になっているお客様で、クラシックバレエをやられている方があります。バレエをやられる方ならピラティスにも興味があるのでは?と思い何気なくピラティスのクラスについてお聞きしたら・・・

『ん~・・・もっと面白いピラティスのレッスンが欲しい。』

ちょっと予想外の返答でびっくりしたのを覚えています。驚くのと同時に・・・

『よし!じゃあ、俺が習って、面白いレッスンを作ろう!』

柔軟性もありません・・・

人前に出るのは苦手です・・・

それなのに、なぜか無謀にもそんなことを思ったのでした(笑)

申し込みをし、勉強を始めました。が、結果としてはこの団体で勉強しただけではピラティスを指導することは出来ませんでした。(ここから私の養成ビジネス嫌いが始まるのですが・・・)

使えない資格だけが手元に残りました・・・

コメントを残す