灯り|ジム・スタジオが出来るまで⑥

お客様は『箱』につくもの。

マッサージや美容院など、指名・担当などがある仕事でよく言われます、お客様は箱つまり店についているんだと。

とかく、自分の担当しているお客様は自分についてきてくれているんだ、と思いがち。『きっとついてきてくれるだろう。』そう思って独立して痛い目を見た、という話はよく聞きます。

『ゼロから頑張ろう。』

そう覚悟してお店をオープンしました。そう覚悟していました。それでも・・・

一日誰とも話さない。一週間ほとんど仕事がない。

フィットネスクラブでは自分の担当しているお客様も多く、施設はいつも会員さんで賑やか。それが一変しました。少し薄暗い店内に、毎日一人ポツンと座っていました。

『どうしよう・・・』

こんなに自信を打ち砕かれたのは人生で初めてでした。フィットネスクラブ時代、セッション数は店舗でも1番か2番。それがこの有様。プライドなんてあっさりへし折られていました。

毎日色々な事を考えました。色々な事を試しました。まさに”命がけ”の気分でした。

そんなある日、フィットネスクラブ時代お世話になったお客様が遊びにいらしてくださいました。嬉しい反面、今の状況を知られるのは少し辛かったです。

開店のお祝いや近況をお話しているうちに、お客様がふと・・・

『誰も来ないですね。電話一つ鳴らない。』

心をえぐられるような一言でした。

『ええ、でも私はここにいます。ここにいるしかないんです。』

とっさに私の口から出た言葉に、お客様は驚かれたそうです。

のちにお聞きすると、フィットネスクラブ時代多くのお客様に囲まれていた私の印象しかなかったので、開店したお店もすぐにお客様で賑わっているのを予想されたのだそうです。ところが、あまりにさびしい状況を見て心配で思わずそうおっしゃったのだそうです。

あまりにさびしい状況。それなのに迷いもせず『ここにいるしかない』そう私が言い切ったことにびっくりしたそうです。もう逃げ場はない。ここで頑張るしかない。自信もプライドも無くしながら、それでも自分は覚悟していたんだと思います。

もし自分がこのお店からいなくなれば、お店に ”灯り” がともらない。暗く人もいない、そんなお店には誰も来ないだろう。そう思った自分はチラシさえ配りにいかず、ひたすら待ち続けました。

『誰かがお店の事を聞きたいとやってきてくれたのに、誰もいなかったら申し訳ない。』

ひたすら・・・ひたすら待っていました。

お金について③ なぜ稼ぐのか

自身の店舗(StudioRe庵)をオープンさせました。当たり前ですが、オープン当初はお客さんは数えるほどでした。フィットネスクラブでフリーのトレーナーとして活動していたときは、平均月80セッション。月収は30万円前後でした。フィットネスクラブですから自分のクライアントの方以外も会員さんがたくさんいて、いつも賑やかでした。それが・・・

誰も来ない。電話もならない。一日誰とも話さずに帰宅することも珍しくなかったです。一週間のセッション件数も数えるほどでした。

もともと一人で過ごすのが好きな私ですが、さすがにこの時ばかりは凹みました。忙しいはずの後輩トレーナーが私を心配してちょこちょこ遊びに来てくれていましたが、のちに『あの頃いつ見てもしぼんだ風船みたいになってましたよ。』と言ったくらいです。

三ヶ月が過ぎ、半年が過ぎ、ついに一年が過ぎる頃・・・売上げが徐々に伸び、ついにフリーのトレーナー時代の収入を超えるようになりました。

『よかった。でもいつどうなるかわからない。』

経費を除いて残ったお金はほとんど使わず、お店の資金として貯めていきました。

しばらくすると、パーソナルトレーニングが世間的にも認知され始め、さらにお客さんが増えてきました。比例して、お店の資金も貯まっていきました。

毎月憂鬱だったテナント料の振込みの日。それが徐々に憂鬱さが減り、次第に少し楽しみになるようになりました。

『よかった。貯金がふえた。』

少しずつ増えていくお店の資金。安心から楽しみになっていきました。しかしある日・・・

『俺なにやってるんだろう?』

預金通帳を見て喜んでいる自分・・・

『俺は何を喜んでいるんだ。こんなことをしたくて店を始めたのか?!』

お店を出したのは自分の貯金を貯めるためじゃない。お客さんに喜んでもらうためじゃないか。そう気付きました。

『これはお客さんから預かったお金。お客さんのために使うお金じゃないか。』

不安のあまりお金を残すことばかり考えていました。お店、大きく言えば事業で得たお金はお給料としてもらっているお金とは違う。お客様からいただいたお金は預かりもの。お客様によりよいサービスという形でお返ししなければいけないんだ。そう気付きました。

笑顔でお客様がお金を支払ってくださるサービスを提供する

そのお金でまた 新しい・よりよいサービスを提供する

そしてまた 笑顔とお金を交換する

それが商売の原点・あるべき姿なんだと、ようやく気付きました。

どこの資格を取る?!

パーソナルトレーナーになるために私が取得した資格は、ある団体の認定資格でした。(残念ながら今この団体はなくなり、別の団体に発展しています。)

トレーナー活動を始めたころ、他にどこか資格を取るべきかな?と考えました。

パーソナルトレーナーと一口で言っても、いろいろな団体が資格発行・認定をしています。逆に言うと、統一した公的な資格というものは存在しません。

取得することが難しいものから、(大きい声では言えませんが)簡単なところまで様々です。

私がトレーナーになったころから、変わらず一定の価値を持つ資格の一つがNSCAでしょうか。

初めのころは私も、『そこの資格を持っている人はすごいんだ。”ちゃんと”したトレーナーさんだ。』とよくわからないイメージを持っていました(笑)

トレーナーになって少し落ち着いたら取得しようかな、なんて思っていました。でも、結局取得するには至りませんでした。

トレーナーデビューすると、フィットネスクラブには顔写真とプロフィールが貼り出されます。

【〇〇トレーナー 保有資格 〇〇団体認定パーソナルトレーナー】

と言った具合です。同じ場所にNSCAや他の団体の資格を有するトレーナーさんも貼り出されています。

ある日、貼り出されたプロフィールの前でお客様に話しかけられました。私としては、『うわ~他のトレーナーさんの方が上の資格を持ってる。比べられるのやだなぁ。』なんて内心思っていました。しかし・・・

『トレーナーさんはみんなどこかの資格を持ってるのね~。でも、どう違うのかしら??まあ、みんな”トレーナーさん”だもんね。勉強してるんだもんね。』

あ・・・そうか・・・

お客様にとってはどこの団体の資格が上だとか、取るのが難しいだとか、そんなことは分からないんだ。みんな同じ ”トレーナーさん” なんだ。そう気付きました。

実際、私にもどこのパーソナルトレーナーの資格が上級なのかなんて、さっぱり分かりませんし、どこの資格を持っていてもトレーナーの実力とはあまり関係ないと思っています。

いわゆる ”箔をつける” ために資格を取ろうとする人もいますが、実際その違いが明確にお客様に伝わらない以上、箔でもなんでもなく、ただの ”資格の一つ” になってしまいます。

そしてどんな資格も同じですが、それはいわばスタートラインに立つ許可証に過ぎません。そこから何を学んでいくのか、学んでいるのかが、本当のトレーナーの実力に繋がります。もっとも、私は資格や専門知識・専門技術と並んで大切な要素が他にもあるだろうと思っています。

箔をつけようなんて思いで資格を取れば、それは剥がれ易いメッキに過ぎません。

お客様にとって必要な知識を得る

純粋に知りたい知識を得る

それこそが大切と思います。

お客様が必要としているのは、資格というバッチではありませんから。

三角筋と広背筋についての考察?

トレーニングする男性が、真っ先に鍛えたい!とおっしゃるのが・・・

大胸筋!!

その次くらいに・・・

上腕二頭筋!!

でしょうか。(ちょっとこの写真 笑)

いずれにしても身体の前側、あるいは見えやすい場所にあるこれらの筋肉を鍛えたいという男性は比較的多いです。

対して、背中を鍛えたいという方はちょっと少なくなります。

せっかく鍛えても自分では見えない、というのが理由の一つかもしれませんね。

全然関係ありませんが、この人の背中かっこいいなぁ~と私が思ったのは、ジェイソンステイサム!

映画『トランスポーター』のワンシーンで見たときに、ビルダーのような筋肉量はないのですがバランスがよく、どこか男の色気を感じさせるいい背中だと思いました。元・水泳の飛び込みの選手で、彼の『背中』は評価が高いようですね。

さて、そんなかっこいい背中を作る筋肉の一つといえば、広背筋です。しかし、鍛えにくいというか使っているかどうか分かりにくいという声をよく耳にします。

原因としては、見えない部分は意識しにくいということがあると思うのですが、もう一つ・・・腕の機能の変化なのかな?と思っています。

人間にとっては 

四足歩行の時代では 前肢

だった訳です。四足動物を見ていると、前肢と後肢は使い方・機能が違います。後肢は移動の際、推進力を生み出す役割を持っていて、前肢はその推進力を受け止める『足』の役割と、獲物を捕まえたりする『手・腕』の役割を持っているように思います。

広背筋は背中から腕にかけて付いている筋肉です。面白いことに、腕の部分でねじるようにして筋肉が付いています。大胸筋も同じで、腕に付くところでねじれています。

正確な理由は分からないそうですが、四つんばいになった時に真っ直ぐになることから、四足動物だった頃の名残りともいわれています。

歩行の際、後肢は地面を後ろに蹴り、前肢は地面を引き寄せる使い方をするのではないかと思います。(ちょっとハイハイしてみてください。)

広背筋は腕を身体に引き寄せる働きをします。四足歩行の頃は、歩行のたびに前肢は地面を引き寄せていたんだと思います。

ところが人間は二足歩行に進化し、前肢は『腕』の機能に専念するようになった。それに伴って、何かを引き寄せる動作が必要とされる場面が減ったんだとおもいます。

日常、引き寄せる動作をする場面が少なくなったので、背中にある筋肉(広背筋)が腕を動かしているとはイメージしにくくなったのかもしれませんね。

そして、三角筋。

腕と身体(体幹)をつないでいる筋肉。

上半身の筋肉群で、一番体積が大きいのがこの三角筋だそうです。(データによる差、個人差はあると思いますが。)

ちょっと意外ですよね?見た目的には大胸筋の方が大きそうなのに。

大胸筋が薄く広い形状なのに対して、三角筋は厚みがあります。なので体積は少し上なのかもしれません。

この三角筋。四足動物だったら後肢の大殿筋(お尻の筋肉)に相当するのかもしれません。だとしたら、そのくらいしっかりしていても不思議はないのかな?なんて。

あ、おまけに・・・

男性が鍛えたい上腕二頭筋に対してその裏側、上腕三頭筋。実はこちらの方がボリュームが大きくなりやすいといわれています。筋肉の構造も違うのですが、肘を伸ばす役割を持つこの上腕三頭筋は、やはり四足歩行で地面に手(前肢)を着いた時に力が入ります。四足歩行時はもっと必要だった筋肉なのかもしれませんね。

人間の身体もまだ、四足動物の頃の名残りがあるのかなぁ、なんて思いながら今日もダンベルを持ち上げます 笑

お金について② アルバイトはしない

駅から少し距離がある築20年くらいのアパートが、上京した私の住まいでした。家賃は四万円くらいでした。地元で暮らしていたアパートも同じくらいでしたので、生活費の目処が立ちやすいと思いそのアパートに決めました。

国道からアパートへ向かう道の角にはファミレスがありました。上京したての頃は、その前を通るたび『やばくなったらまた皿洗いでもなんでもやればいい、大丈夫だ。』そう言い聞かせていました。

やがて右も左も分からず、トレーナー活動を始めました。私の場合、色々な事がよい方向に偶然働き、なんとか順調にお客様も増えていきました。

後から知りましたが、アルバイトスタッフからトレーナーになった方がうまくいく確立が高いそうです。私は偶然その道順でトレーナー活動を始めました。また、所属した店舗は下町で人情味のある土地にあり、田舎から出てきた私にはなじみやすい雰囲気でした。

いつしかアルバイトとしての業務が出来ない位になり、私はフリーランスのトレーナーになりました。

フリーになった当初は、以前もお話した通り不安で不安で仕方がなかったです。来月売り上げがゼロになったらどうしよう・・・と。

『大丈夫。また皿洗いでも何でもやってやる。』

いつもそう自分に言い聞かせていました。

フリーになってしばらくすると、その当時いわゆる “売れっ子トレーナー” の一つの条件と言われていた、月間セッション数100件に近いくらいまでになりました。

多少の波はあるものの、売り上げも安定していました。

それでも不安は消えなかったです。帰り道に見るファミレスは、実は自分にとって精神安定剤のようなものだったのかも知れません。

しかしある日・・・

そのファミレスが閉店していました。やばくなったらここでアルバイトをしよう。そんな思いで見ていたファミレスが。でも、なぜだかその時私は・・・

『勝った。』

そう思いました。ここにお世話にならず、なんとか自分は自分の力で生きてきた。そんな風に思ったのでしょう。

そして数年後・・・私は自分の店を出すことになります。

このときのお金への不安といったら、フリーランスになったときとは比べようがなかったです。今思えばそう大きな金額ではないのですが、人生初の借り入れ。開店当初は赤字続き。毎月お店の家賃の振込みの日が本当に辛かったです。

もう頼りにしていたファミレスはなくなりましたが、本当にやばくなったらどこかでアルバイトを。そんな考えもありました。でも、いつしか・・・

『俺にはもう自分の店があるじゃないか。自分の商売があるじゃないか。』

自分の商売がうまくいかないなら、まず自分の商売で売り上げを作る方法を考えなければいけない。アルバイトしている時間があるなら、自分の商売をうまく行かせる方法を考えるべきだ。そう気付きました。

『俺には背負うものもないんだ。ぎりぎりまでアルバイトはしないぞ。』

私の考えは以前と変わっていました。

『一度、自分でお金を稼ぐ道を選んだんだ。簡単にお金を貰う道に戻ってどうする。』

マンションの一室で始めず、いきなりテナント物件を借りたのは逃げないためでした。同じです。どんなに辛くても、可能性がある限り自分の商売から逃げちゃいけない。

会社から給料を貰う

自分の商売で稼ぐ

どちらの道が良いとか悪いではありません。でも、一度自分は決めたんだから、簡単に諦めるべきではない。辛いときこそ、そのことを自分に言い続けました。