なぜ運動しなくなるのか


あなたは不思議に思ったことはありませんか?

個人差はあるものの、子供の頃は誰しも動きます。じっとさせとく方が難しいくらい子供はよく動きます。

赤ちゃんや子供が盛んに身体を動かすのは、身体能力を高める(本能的な)訓練と言う側面があります。

寝ているだけだったのが寝返りをうち、ハイハイをし、やがて立って歩けるようになる。

そこに至るまで、様々な身体の機能を獲得していく必要があります。だからこそ、赤ちゃんや子供はよく動くんだと思います。

ではなぜ身体機能を獲得しなければいけないのか。走り、飛び、登り・・・あらゆる身体の機能を使って獲物を獲る・外敵から身を守る。つまり”生きていくため”なんだと思います。

しかし、多くの現代人は道端を歩いていて突然猛獣に襲われることはないでしょう。獲物を捕らえるより、スーパーやコンビニに行くでしょう。

せっかく獲得した身体能力は、発揮する場を失っているんではないでしょうか?

必要がないから使わない。

実は大人が運動をしない理由とは、こんな理由なのではないかと思うんです。

現代人が生きていくためには、身体能力より知能が必要。だから、身体を動かす必要性が下がっていくんだと思います。

日本人のフィットネス参加率は依然として3%前後といわれています。

その理由を探ろうと様々な調査がなされているのですが、結局3%は3%のままです。

ネットで日本人のスポーツ実施率は低下している、なんて記事を目にしました。(日本の「健康ブーム」が、実は本物でない理由 東洋経済ONLINEより)

この記事の中で「運動をしない理由」のアンケート結果が出ています。不動の1位は「仕事・家事で忙しい」だそうです。実はこの理由、フィットネスクラブの退会理由でも上位です。

記事の中では、働き方を変えて生活に余裕ができれば人は運動するようになるのではないか?街づくりから変える必要がある、と結論付けられています。

果たしてそうでしょうか?

そもそも、人々が運動しない理由は本当に「仕事・家事が忙しい」なのでしょうか?

私はここに間違いがあると思います。こうした視点から運動を広めようとするから失敗しているのではないか?と思っています。(別に私が思ったところで何も変わりませんが・・・笑)

現代人が運動しないのは、運動しなくても生きられるようになったから。

ほとんどの日本人にとって、運動は”非日常”です。特定のスポーツを楽しむ・フィットネスクラブに通うというのは、趣味の世界。要するに「好きな人だけがやるもの」なんです。

運動・フィットネスの定義から見直し、毎日の生活の中で自然と運動するような仕組みが出来ないと、人間は運動するようにならないでしょう。

とはいえ、これは難しい問題ですね。

コメントを残す