姿勢改善?!


『あ!骨盤の動きが悪いですね!骨盤を調整して・・・』

『これは腿の裏の筋膜が縮まってるんですよ。この〇〇ローラーで・・・』

あなたは接骨院やトレーナーに、こんな感じで何か色々やられたことがありませんか?そして・・・

『一回で柔軟性が改善した!』

なんて言われて、ビフォー・アフター写真を撮られたりしたことがあるかもしれない。

先日レッスンにいらしたお客様が『最近腕があがらなくて・・・ほら。』と見せてくださいました。なんとも動きにくそうな窮屈な様子で、腕を動かして見せてくださいました。

『なるほど、わかりました。』

そういってレッスンに入りました。どうなったかって?もちろんすっきりあがるようになりましたよ。写真?ないですよ。だって・・・

こんなこと、当たり前のことですから。

当たり前の事だから、わざわざ写真に撮って自慢げに(ブログとかに)載せる気になんてならないんです。

上の写真のような体前屈。ビフォー・アフター写真でよく出てきます。これも簡単です、はい。皆さん誰でも出来ます。

どうやるかというと単純です。この姿勢を作って、じっとしていればいいんです。そうすれば徐々に柔軟性が向上していきます。当たり前ですよね?寝起きは動きにくかったけど、徐々にからだが『ほぐれた』なんて、誰しも経験があると思うんです。

もちろん、どこの筋肉が問題になっているのか?もしかしたらそれ以外の組織の問題なのか?実際のレッスンやストレッチの時には、そうしたことを見極めながらやっています。適切なところにアプローチしないと、的確に効果は出ませんから。

でもね・・・ある程度の柔軟性の向上は、結構簡単なやり方でも得られるんです。そんなことを自慢げに載せる気にはなれないので、私はそうした写真はほとんど撮りません。

また・・・

『一回の施術で猫背が!』

『この〇〇ローラーで背骨がまっすぐに!』

なんてコピーとともに、猫背の人がシャキッと立っているビフォー・アフター写真なども見かけますよね?

あれもね、ある程度は簡単なんです。その方法ですか?お教えしましょう、魔法の方法を。

床にしばらくあお向けなっていてください。

これだけです(笑)インチキくさいですか?

からだは常に上から下に重力を受けています。普段何気なく生活していると、あまりそれを意識することはないと思います。

人間の腕はやや前についています。頭も前に変位しやすいです。(特に最近はみなさんスマホを見たりする時間が多いですから。)

そうなると、からだの前側に重心が移動しますから、バランスをとって何かを後ろにしなければならなかったりします。

そんな風に重力の中でバランスを取っているうちに姿勢は変化していってしまうのです。

あお向けでもうつ伏せでもいいと思うんですが、寝た状態だと重力がお腹から背中方向に掛かるようになります。(うつぶせの場合は逆)

床はだいたい平坦に作られてますから、そこに寝そべれば重力にしたがってからだも(ある程度)まっすぐになります。しばらくして起き上がったときは、いくらか姿勢はまっすぐになります。

当たり前ですよね?(笑)

でも、ここにもう一つカラクリがあります。それは・・・

『はい!じゃあ、もういちどそこに立ってください。最初と姿勢の変化を比べますから!』

なあんて言われながら写真を撮られたら・・・

そりゃいい姿勢になりますよ!(笑)

もし鏡なんてあったらもう、無意識にいい姿勢作っちゃいますよ。人間は感情の生き物です。トレーナーでも接骨院の院長さんでも、いわゆる『先生』がなんかしてくれて、姿勢を良くしてくれようとしてる。そうなったら、先生の期待に応えたくなっちゃう。信頼関係があればなおさらです。

そんなことに気付いてから、私はなるべくお客様にそうした言葉かけをしないようにしました。プラセボ(偽薬効果:思い込み)をなるべく入れたくないので。

1)姿勢の評価はさりげなく、何も言わずに観察するようにしています。

2)ここの筋肉が硬くなっているからここを伸ばせば・・・みたいなことを先に言わない。

こんなことを守っています。

コメントを残す