ダイエットと食文化 ~食事とレジャー~


職業柄、いろいろな方のお食事内容を拝見します。

ダイエット・・・単純に言ってしまうと (食べたカロリー)ー(消費したカロリー) この差で決まる、と言われます。(実際はちょっと違います。)

最近は体重計でなく、体組成計といい体脂肪率や筋肉率、そして基礎代謝量なども簡単に測定することが出来ます。(基礎代謝=体温調節など生命維持に必要なエネルギー量)

基礎代謝量×1.3~1.5=一日のエネルギー消費量なんて数式をご覧になったことがある方もあると思います。

そしてここ最近では、ほとんどの食品に栄養成分表示があり、エネルギー量も表示してあります。

これなら (食べたカロリー)ー(消費したカロリー) も計算しやすそうです。

にもかかわらず、体重増加に悩む方は増える一方なのが現状です。

実際、摂取したカロリーも消費したカロリーも厳密には分からず、各個人の基礎代謝量も本当の数字は分かりません。そして更に、同じ量のカロリーを摂取しても、体内でどのくらい蓄えてどのくらい使うかにも個人差があります。

ますますもって、簡単には計算など出来ません。

それにもまして難しいのは、 ”なぜ食べるのか?” と言う事です。

人間は(動物も実はそうかもしれませんが)お腹が空いたから食べる、だけではありません。心理状況などにも大きく左右されています。

ストレスから暴飲暴食・・・なんてよく聞きますよね。<ストレス=欲求が満たされない状態=快楽の刺激を求める=食べる> となっていくのかもしれません。

食べることは最も手軽なレジャーだ、そんな表現をする方があり、なるほどと思いました。手軽なレジャー。

レジャーというと、海とか山とかあるいは何かの施設などへ出かけたり、ゴルフやスキーなどのスポーツを楽しむことをイメージすると思います。

ところが例えば仕事が忙しくてストレスが溜まっている・・・なんて場合はレジャーにかける時間もない。そうすると、最も手っ取り早く、短時間で移動もなく ”快楽” の刺激を得られる ”食べる” という行動で補うというのです。移動時間もなく、経済的損失も比較的少ないレジャー ”食べる事”

こんな風に人間の食行動は精神的な影響を多く受けています。例えばいつも食べている量も、実は精神的な影響あるいは習慣で決定されている部分があります。

食事量のコントロールを始めらたお客様がびっくりされることがあります。

”このくらい食べないと足りない、不安って思ってたけど意外と(食事量を減らしても)ぜんぜん平気だった。”

ダイエットの難しさはこうしたところにもあります。単純に計算しただけ、特定の栄養素を抜いただけではうまくいかないのは、その奥に潜んでいる ”心理・習慣” そうした事が理解できていないからなんです。

 

コメントを残す