なぜ?


小さなスタジオ(Studio Re庵)からスタートし、二年目にパーソナルトレーニングジム(Bodydesignstudio315) を新たに作りました。

この時は50平米ほど。それでも広く感じました。

開業した頃、なぜ自分で(スタジオを)やろうと思ったの?とよく聞かれました。臆病者の私なので、失敗すると恥ずかしいと思い、誰にも言わずにひっそり開店したので余計に聞かれました。

 

以前はマッサージの仕事をしていましたので、”いつかは自分のお店を” そんな気持ちは持っていました。

『お金が貯まったらお店を出そう。』

そう思い貯金をしていました。どのくらい必要かも分からなかったので、とりあえず100万円貯まったらなんて考えてました。

フリーでパーソナルトレーナーをやり始めて2年くらいがたった頃でした。もともと派手に遊ぶこともない地味な性格。ふと気付くと目標としていた100万円が貯まっていました。しかし・・・

『今の時代、個人で小さい店を持つなんてうまくいくのか・・・』

安定志向で臆病者の私。答えが出ないまま悩み続けました。そうこうしているうちに貯金は目標としていた100万円を超え、250万円ほどに。

地元で一緒にマッサージをしていた同僚が開業している。そんな話を聞くたび悔しくなっている自分がいました。

『なんだ、やっぱり自分の店が欲しいんだ。いくら貯まったかなんて関係ない。要は覚悟だ。覚悟が出来てないだけなんだ。』

ようやく気付きました。いくら貯金が貯まっても関係なかったんです。覚悟さえ決まっていたら借金してでも始められるんですから。

そんなある日・・・活動していたフィットネスクラブでの営業を終え、自分のバイクにまたがった時にふと。

『俺は一年後も同じように、ここからバイクに乗って帰るのか?』

なぜか突然そんな考えが浮かびました。そして強烈に・・・

『嫌だ!!嫌だ!!!』

そう思いました。パーソナルトレーナーという仕事も、関わってくれているお客様も大好きだった。

それなのに、一年後も同じ・・・そう思った瞬間、背筋がぞぞぞっとしたのを今でも覚えています。

一年後は別の自分でいたい。新しい道を歩んでいたい。

そんな自分に気付いた瞬間でした。

コメントを残す