お腹を6つに割る方法② お腹が6つに割れる条件とは?


お腹を凹ます・6つに割るためにはどうすればよいでしょう?

これ?

こっち?

ご存知の方も多いと思いますが、正解はどちらでもありません。(6つに割りたいと願うあなたのからだの現状にもよりますが。)

お腹が6つに割れる(割れて見える)条件があります。

タニタさんでこんな商品が発売されています。

参考 皮下脂肪厚計 STYLE LEADER SR-901

商品説明に、お腹が割れる条件は腹部の皮下脂肪が4mm程度になること、とあります。

そう・・・大事なのは、腹筋の筋肉量ではなく、まず皮下脂肪を落とすこと、なんです。

筋肉より脂肪の方が表層にあります。当然ながら、その奥の筋肉を一生懸命鍛えても、皮下脂肪厚が高いうちは、せっかくの腹筋も表に顔を出してはくれません。。。

でも、腹筋運動を一生懸命やれば痩せるんじゃない?そう思う方も中にはあるのかも知れません。だって運動だから。

写真でいう流行の体幹トレーニングでも伝統的な腹筋運動でも、消費するカロリーはあまり多くはありません。腹筋運動に限らず、運動で消費できるカロリーは期待するほど多くはないのです。

でも、代謝があがれば・・・

筋肉が付けば代謝が上がって、太りにくい身体になる。

これも、誰かが過剰な期待を持って刷り込んだお話ですね。現実は、筋肉が付いたことで(イメージされるほど)太らないということはありません。

もちろん、筋肉を激しく使うトレーニングを行う意義・効果はあります。むしろ、しっかり行いたいものです。

整理します。

お腹を6つに割るためには、体脂肪量を下げることが条件です。(経験的には体脂肪率10%前後にしないと割れた状態は見えにくいと感じています。)

さあ、それがわかればやることは決まってきますね・・・

 

コメントを残す