骨盤矯正


前回 のブログで 骨盤はゆがむか について触れました。

タイムリーにお客様が ”骨盤矯正に行ってきた。” とおっしゃったので、どんな内容でしたか?と聞いてみました。

その前に、そのお客様は骨盤矯正がしたくて接骨院に行ったのではなかったそうです。ちょっと腰が痛かったので来院したそう。しかし、いつのまにか骨盤矯正をするはめになったそうです。ちなみに、骨盤矯正の部分は保険が適応しません。なので予想外の診療費が請求されたそうです。

本題、骨盤矯正の内容です。お客様も正確な内容は覚えてらっしゃらないようでしたが ”脚を引っ張られて、あと背骨を抑えてまっすぐに・・・” というような内容だったそうです。

接骨院・整骨院を開院するためには柔道整復士の資格が必要です。本来、骨盤矯正や背骨の矯正というのは柔道整復のカリキュラムには入っていないはずです。

接骨院・歯科医院・美容院の飽和状態は全国的なものとなっています。接骨院も、本来の保険診療だけでは経営が成り立たず、こうした自費診療の拡大を図る治療院も多いのでしょう。

さて、脚を引っ張って骨盤が矯正できるのでしょうか?脚の骨がなす股関節は、人体の中でも大きな可動性を持ちつつ、頑丈な安定性も持っています。相反するこの機能を可能にしているのは、強固な筋肉・靭帯をはじめとする軟部組織。

この股関節の機構があるおかげで、歩いても走ってもジャンプしても重いものを持ち上げても問題ないわけです。

ここを何度か引っ張ったくらいで骨盤が矯正できるのかどうか?(脚の長さはそろいます。が、骨盤の”ゆがみ”とは無関係だと思います。)

むむむ~と思った午後でした。

コメントを残す