ダイエットと家電製品


少し前に、”最後のダイエット”という本が出版されました。その著者の方が興味深いことをおっしゃってました。

”これからのフィットネス業界は、家電製品との戦いになる。” と。一瞬 ”ん?” と思いましたが、記事を読んで納得しました。

世の中はどんどん便利になっていく。どんどん人間は快適さを追及していく。どんどん楽になっていく。その快適で楽な生活から離れて、人間はわざわざ運動するのだろうか?そんなお話でした。

人間は快適さを求めます。楽に効率よく物事が運ぶように工夫します。もちろんそれが文明を発展させてきたのですが・・・

フィットネスに携わる人間なら一度は聞いたことがある数字があります。

『3%』

何の数字だと思いますか?実はこれ、日本人のフィットネス(クラブ)参加率です。そしてこの数字、もう何十年も変わっていないそうです。ホットヨガ・サイクルエクササイズ・ボクササイズ・・・多種多様なフィットネスがこれだけ増えたのに、この数字は1%も変わっていない。

ある日ふと思いました。”駅でエスカレーターを使わず、階段を使う人はどのくらいいるのだろう?”と。正確な数字はないと思います。直感でどのくらいと思いますか?きっと数%ではないでしょうか。

エスカレーターを使っている方にもし ”階段とどちらが健康によいでしょう?” と質問したら、多くの方が階段と答えるのではないかと思います。ではなぜエスカレーターを使うのですか?とお聞きしたらなんと返ってくるでしょう。

疲れる・時間がない

比較的多い答えはこのあたりじゃないでしょうか。この回答、フィットネスクラブを退会した人にアンケートを取っても、同じ回答が上位に来ます。

そう考えると、フィットネスに携わる人たち(一応私もですが。)がこの3%を増やそう!とするのが、かなり難事業なのもうなずけます。

”階段を使いましょう!こちらの方が健康にいいですよ!楽しいですよ!気持ちいいですよ!・・・でも有料ですよ。”

快適な楽な暮らしが無料で、汗をかき、エネルギーを使うほうが有料。

こりゃかなりの難事業だと思いませんか?

コメントを残す