トレーニングと野生本能


”デットリフトをやらないとおさまらない夜があるんですよ。”お客様にそんなことをお話したら、ちょっと引かれた私です(笑)

ところで、デットリフトはご存知ですか?

床からバーベルを一気に持ち上げるというこの種目。実は、安全に重たい物を持ち上げる姿勢ともいわれます。

しかし、扱う重量はかなりのもの。(私でも実際のトレーニングの時は100kg以上を扱います。)床から持ち上げる瞬間は少し恐怖心も伴います。なのになぜ、この”デットリフト”を無性にやりたくなる日があるのか・・・?

一般的に男性(つまりオス)には闘争本能があります。(女性にはないというわけではないと思うのですが・・・)

現代生活では野生動物に襲われたり、逆に狩りに行く機会なんてのも通常ありません。しかし、闘争本能そのものは残ってはいるようです。

男性が好むスポーツは戦いや狩りの能力を使うものが多いんです。反対に女性は、美しさを追求するものを好む傾向があります。

私がこの種目をやりたくなる日は、何かストレスを感じたとき。見るからに重たそうなバーベルと向き合い、恐怖心を乗り越えてそいつを持ち上げる。恐らくそんなところに”戦い”の臭いがするので、重いバーベルに勝利(=持ち上げる)することでストレスを解消しているのかもしれません。

と、もう一つ・・・

動作の終盤バーベルを床に置くのですが、その瞬間が何かを叩き壊すようで快感なのかもしれません(笑)ロッカーがギターを叩き付ける・・・なんかそんな感じなのかもしれませんね。

コメントを残す